お肌のアンチエイジングはしている方は大勢いらっしゃると思いますが、内臓のアンチエイジングはあまり気にしていないのではありませんか。お肌をきれいに保つには表面からだけでなく内臓のアンチエイジングも大切な要素です。もちろん健康にも直結していることなのでとても大切な事ですね。飲み過ぎ食べ過ぎを続けていると内臓も老化してしまいます。


「内臓の老化」は顔に出る

内臓が老化すると見た目年齢もアップする!!衝撃的な話ですが、納得できる気もしますね。つまり外からケアしているだけではいけないという事。内臓も若々しく保たなければ美肌は手に入らないというわけですね。

見た目の老化度は紫外線を浴びた総量で「7割」決まってしまうそうですが、あとの3割は「活性酸素」の量。

※活性酸素とは・・・・もともとは体にとって必要な物質です。体内に侵入した細菌やウイルスを撃退するために、白血球から放出されます。殺菌・消毒としての役割があります。過剰に発生すると体を酸化させ、害にもなるのです。

この活性酸素が肌だけでなく、内臓も傷つけてしまいます。活性酸素が増える原因は何でしょう。

それは「みだれた食生活」です。 また、何らかの病気をわずらうと、やはり体内に活性酸素が発生します。 体内で発生した活性酸素が肌までおよべば、やはりシミやしわ・たるみを作り出します。 つまり、肌の老化も内臓の老化も、同じ活性酸素が原因なのです。 原因が同じなのですから、進行スピードも同じになります。 肌の老化と内臓の老化は“表裏一体”というわけです。


「見た目が若い人ほど長生きする」

09年11月、ある壮大な実験の結果がデンマークで発表されました。
70歳以上の双子を1826人集めます。そして、双子のうち「若く見えるほう」と「老けて見えるほう」の二つのグループにわけるのです。双子は遺伝子が同じですが、70歳も過ぎると見た目の年齢差は発生しています。 そして、7年後の死亡率を比較します。双子ですので、死亡率も大きな差がないはずなのですが……。

結果は予想とは全く違っていました。
同じ双子でも、老けてみえるグループのほうが、死亡率が2倍近くも高かったのです。


「内臓の老化」チェック

・ストレスが多い
・恋をしたり好奇心がわいたりすることが減った
・喫煙の習慣がある
・ハードな運動をしている
・1日中ほとんど座っている
・体調を崩しやすくなった
・夜中に目を覚ますことが多くなった
・肉を体が受け付けなくなった
・お酒がめっきり弱くなった
・いつも胃がもたれた感じがする

これらは内臓の老化の原因や、内臓の衰えの症状でもあります。


「内臓の老化」を防ぐには

・胃の老化予防 よく噛んで食べる事。歯でよく噛み砕くことで、胃で消化する負担を軽くできると言われています。唾液には糖を分解するアミラーゼという酵素と、脂肪を分解するリパーゼという酵素が含まれており、消化液として立派に活躍していますから、よく噛んで口の中で唾液と混ぜることは胃に優しいアンチエイジング法なのです。

・肝臓の老化予防 アルコール分解という余計な仕事で肝臓を疲れさせないよう、お酒を控え目にすること。暴飲暴食も必要以上に肝臓を働かせてしまう原因ですから、1日の摂取カロリーに注意しましょう。脂肪の多い食事も、必要以上に胆汁を分泌させてしまうので肝臓を老化させます。

・小腸の老化予防 食べ物を規則正しく食べて刺激することです。使わないことで小腸の細胞のターンオーバーが遅くなったり、絨毛が短くなったりするのを避けるためにも、3食規則正しく食事を摂りましょう。

・大腸の老化予防 運動、食物繊維、乳酸菌、そしてオリゴ糖です。体を動かし腸を上下左右に刺激することで、食べ物の滞留を防ぎ、スムーズに食事が排出されるようにしましょう。

(出典:All About)


この記事により「内臓年齢」がいかに大切なことかお分かりいただけたことと思います。健康だけでなく見た目にも関係あるとは衝撃的な話でもあります。でも、内臓を健康に保つことにより見た目にも効果が表れるということでもあります。是非、「内臓年齢」を若返らせて見た目まで若返ってしまいましょう。

最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

恋人20

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)