「腸内フローラ」って何でしょう。最近耳にすることがありますね。私たちの腸をきれいにしてくれそうな気がしますが、本当のところどんな働きをするのでしょうか。私たちの体は中から綺麗にすることで外側もきれいになることが知られています。それでは「腸内フローラ」のことを知って中から綺麗になりましょう。


「腸内フローラ」

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、これら多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。細菌類が作る集落は色鮮やかで形がとても綺麗だそうです。

「腸内フローラ」が美しいのは、腸内細菌類が「縄張り」を主張しているからです。新たに侵入してきた菌に対しては、「腸内フローラ」を形成している細菌類が盛んに攻撃を繰り返します。「腸内フローラ」間の緊密な連携によって免疫系が活性化しており、それが病原菌などの新たに侵入してきた菌を排除しているのです。


「日本人の腸年齢が老化!!」

日本人の腸内細菌数は戦前に比べて、とても少なくなっています。「腸内フローラ」のバランスも崩れています。それは、腸内細菌のエサである野菜や豆類、食物繊維の摂取量が減ってきたからです。日本人の野菜消費量は低下しており、食物繊維の摂取状況は、戦前の約3分の1の量にまで減少しています。

腸内細菌が減少し、腸内フローラのバランスが崩れることによって、起こる病気はたくさんあります。たとえば免疫力が低下し、アトピーやぜん息、花粉症などのアレルギー性疾患が起こってきます。また、がんの発生を促します。最近、増えてきた潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患も発生しやすくなります。


「腸内フローラの検査」

自分の大腸の環境を知るには、排便の状態を知ることが大切です。毎日の肺炎の形状や質感を目視して排便日記を記録し健康状態を把握することも良いでしょう。

*理想的な便の状態

① バナナ状
② 適度な水分を含む
③ 黄土色
④ あまり臭くない

このような便は食物繊維を多く摂取していることが推測されるそうです。


自分の腸内フローラを調べるのに便を郵送するだけで調べてくれるサービスがあります。

「ビフィチェック」

腸内環境を整える善玉菌の代表のビフィズス菌と悪玉菌の代表のクロストリジウム属菌の比率を調べることで、腸内の健康状態を知ることができます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B012YQOIAA/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B012YQOIAA&linkCode=as2&tag=spokankoji-22


「腸内フローラ」の働きをよくするには


 年齢を重ねるごとにビフィズス菌などの善玉菌が減って大腸菌やウェルシュ菌が増えてしまいます。これを防ぐためにもヨーグルトを食べましょう。毎日100g以上食べると善玉菌を増やすことができます。また、ビフィズス菌は精神的ストレスにも弱いという特徴があります。上手にストレスを解消して、善玉菌の「腸内フローラ」をキレイに咲かせましょう。


「腸内フローラの環境を整える食品や食材」

乳酸菌⇒チーズ、ヨーグルト、味噌、甘酒など
酵母菌⇒ワイン、日本酒など
麹菌⇒味噌、醤油、米酢など
納豆菌⇒納豆
グルタミン⇒牛乳、シーズ、大豆、きなこ、かつお
オレイン酸⇒オリーブオイル、ヘーゼルナッツなど
オリゴ糖⇒玉ねぎ、ゴボウ、白ネギ、トウモロコシなど
食物繊維⇒海藻、こんにゃく、納豆、野菜、きのこなど
(参考:腸内フローラ事典)

寿命まで左右すると言われている「腸内フローラ」。確かに色々と調べてみるととても体のために大切なことがわかります。その他、綺麗のカギでもあるようですね。腸内環境を整えることはとても大切なこと。いつまでも綺麗で健康でいるために「腸内フローラ」をきれいに咲かせましょう。



PAK72_kawamurasalon15220239-thumb-815xauto-16092

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)