美の基本となるお風呂。お風呂はオンナを磨く大切な場所ですよね?でもそのお風呂、結構掃除が面倒だったりしちゃいます。毎日掃除していても、天井や壁の汚れまで毎回キチンと落とすのは大変。結果、気が付いたらカビが生えてた!なんてことはよくある話ですよね~。「ま、どこの家にでもあるものだし、ちょっとくらいならいいか♪」そんな考えはNG!お風呂のカビが健康に悪影響を及ぼすことだってあるんですよ!


【背中ニキビはカビが原因だった!?カビの胞子が背中を侵食!】

一度できてしまうととことん気になる背中ニキビ、実はお風呂のカビが原因だった!ということも考えられます。カビって胞子を飛ばして繁殖する生き物なんですよね、実は。その胞子が背中にくっついちゃって菌を繁殖、背中ニキビにつながるんです。髪を洗って前かがみになるとき…天井から降り注ぐカビ菌が背中を襲撃!と考えたらちょっと怖いですね。


【肌荒れも引き起こすカビ】

バスタイムにいろんなケアをする人はとても多いです。お風呂で脱毛処理をする人もたくさんいるでしょう。でも、その脱毛時にカビの胞子が肌に付着、見えない皮膚の傷に入り込み肌荒れを引き起こす危険性があるって知ってましたか?脱毛ってどんなに気を付けていても肌へのダメージは避けられないもの。なのでカビの胞子がつけ入るスキは十分あるというわけ。「なぜか肌荒れが治らないの!」という人は一度お風呂を徹底的に掃除してみることをお勧めします。


【健康被害も見逃せない!頭痛やガンの原因にもなるカビ】

カビが蔓延る浴室には、目に見えないカビ菌が空気中をふよふよ浮遊しています。そのカビを吸い込むと、鼻腔を刺激し頭痛の原因となるようですね。原因不明の頭痛が浴室の掃除後に治った、なんて話はあながち嘘とは言い切れないかもしれません。また、発がん性物質を多く含むカビも存在しており、多量に摂取し続けるとがんの発生率がぐんと上がってくるという研究結果もあるようです。たかがカビ、とは言ってもそうそう甘く見てはいけないってことですね。


【風水では浴室は夫婦生活のキースペース】

風水では浴室が汚れていると夫婦仲に悪影響だと言われています。というのも、やはり浴室は一日の疲れをいやす場所、そこが汚れていれば体の余裕も心の余裕もなくなってしまい、夫婦の間での思いやりがかけてくるからでしょう。そういう観点からみると、浴室が汚い=心も体も安らげない=ギスギスした女になってしまうということですから、美しい自分を保つためにはやはり、浴室はきれいに保っておいたほうが良いといえるでしょう。


【対策は入浴後のひと手間!】

お風呂のカビがダメなことはわかっても、毎回大掃除なんてできるわけありませんよね?そんな時は、入浴後にひと手間かけましょう。お風呂を楽しんだ後にあることをするだけで効果を実感できますよ!さて、そのあることというのは【冷水を浴室にまく】というもの。狙いは壁や床に飛び散った石鹸やシャンプーの泡を洗い流すことと、浴室内の温度を下げること!こうすることでカビの発生を抑え、きれいな状態を保つことができるのです。これなら時間も手間もかからず毎日カビ対策ができますね♪普段はこうやってカビ予防をしつつ、時間があるときに一気に掃除!これで忌々しいカビとはおさらばです。忘れがちな排水溝の蓋や、ゴムパッキンももたまには掃除してあげてくださいね!

お風呂はオンナを磨く大切な場所。美しくなりたい!と思うのなら美を作るその場所も美しく保っておくべきなのかもしれませんね。




shower-1027904_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)