コンタクトレンズを利用している女性は多いのではないでしょうか?実はコンタクトを装着している状態でやってはいけないNG行為というのがあることをご存知ですか?それは「コンタクト着用中に普通の目薬を付けてしまう」こと。筆者もやってしまったことがあるのですが、なんとなーくやっちゃいますよね。コンタクトってつけてると目が乾くし、手元にコンタクト用がないし…ということでついついやってしまいがちなコンタクトに普通の目薬。一体何がダメなのでしょうか?


【コンタクト用の目薬と普通の目薬の違い】

コンタクト用の目薬と普通の目薬の違いはずばり、防腐剤が入っているかどうかです。普通の目薬にはたいてい防腐剤が入っており、それがコンタクトに悪影響を及ぼすのです。


【普通の目薬でコンタクトが壊れる!】

今のコンタクトはほとんど酸素を透過するようになっていますよね?酸素を透過させるために小さな穴がたくさん開いているのですが、その穴があるために防腐液がしみこみやすくなっています。そして一度しみ込んだ防腐剤はいくら洗浄しても落ちず、ずっとコンタクトの中で影響し続けるのです。コンタクトにしみ込んだ防腐剤は、少しづつコンタクトを変形させていきます。眼の中で変形することもあり、そうなると取り出しにくくなり、最悪の場合手術に至ることも。そうならないためにもコンタクトをつけたまま普通の目薬はつけないようにしましょう。


【コンタクト用を裸眼で使うのはOK】

逆に裸眼の状態でコンタクト用目薬を使用するのはどうかというと、そちらのほうは全く問題ありません。コンタクト用の目薬はほぼ、涙と同じ成分でできています。なので、いつでもどこでも利用可能。ただ、普通の目薬のようにビタミン効果や疲れ目、抗菌などの目的を求めることはできませんね。あくまでも渇き目を潤すために使うものになるでしょう。もし、普通の目薬を使いたいという場合はいったんコンタクトを外してから目薬を差すようにするといいのではないでしょうか?


【薬局で並んだ目薬、どれを買おう?】

薬局で目薬を買うとき、コンタクト用のほうが高いからと安い普通の目薬に心惹かれてしまいますよね。しかも普通の目薬はいろんな効能があるので余計に「こっちのほうがいいかな」と思ってしまいます。でも、コンタクト使用中の渇き目を潤す目的で購入するならコンタクト用の目薬を購入するべきです。普段、意識せずつけているコンタクトでも異物は異物。目が乾くだけで着用感は悪いものになりますし、ドライアイの原因ともなりえますので、渇き目対策の目薬が一本あるとよいでしょう。しかし、アレルギーであるとか、ビタミン配合の効果がほしい、となると話は別です。途中でコンタクトを取ってでも目薬を差してもよいのではないでしょうか?どちらの目薬を選ぶか…それは利用方法によって変わってきます。自分がどう、使いたいのかをよく考えて購入するようにしましょう。


目はとても大切なもの。だからこそ、目に直接つけるものには細心の注意を払っておきたいものですね。

超特価!コンタクトレンズ通販の専門店【レンズキング】

cef4e0554387d2dde081fa10db75b19e_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)