皆様、ご自身が1日にどの程度のカフェインを摂取しているか考えたことがありますか?カフェインは、身近なものでコーヒーばかりでなくお茶などにも含まれます。意識せずとも日常生活のなかでカフェインを摂取する機会は多いですね。食品や清涼飲料水、市販の風邪薬や頭痛薬などにも含まれるカフェインを知らず知らずに危険な量まで摂取してしまう可能性は否定できません。カフェインの過剰摂取は、健康を損なう恐れがありますので、そのようなことがないように今回は、カフェインについてお話しさせていただきます。


<カフェインの過剰摂取は危険!?>

「カフェインの効果は?」と問われたら、ほとんどの方が「眠け覚まし」と答えるでしょう。しかし、カフェインには、他に様々な効果があります。脳への中枢作用として興奮作用があり、これによって覚醒効果や頭痛の改善などの効果を示します。末梢作用としては、心筋収縮力増強作用、血管拡張作用、平滑筋弛緩作用、利尿作用などがあります。体にむくみや倦怠感などがある時にカフェインを適正量、服用するとその利尿作用によりむくみや倦怠感が軽減します。他にも風邪薬に含まれるカフェインは、頭痛を改善します。

しかし、それらの効果の一方で、カフェインには、依存性や耐性が起きることがあり、過量のカフェインを毎日摂取している人がカフェインの摂取を中断すると頭痛や疲労感、過眠や抑うつ、不安感などの離脱症状を呈することもあるのでカフェインの摂取量には、注意が必要です。また、過剰摂取した場合は、カフェイン中毒が起きる可能性があります。


<カフェインの中毒>

カフェイン中毒には、非常に短い時間にカフェインを過剰摂取したときに起きる急性中毒と長期間にわたりカフェインを摂取した結果起きる慢性中毒があります。

*急性中毒
過度な心拍数の増加や不整脈、動機、呼吸困難、胸痛などの循環器症状や強い覚醒効果により幻覚や幻聴などの神経症状などが起きることがあります。もし、急性中毒になった場合は、カフェインには特異的な解毒薬がないため、各症状を抑えるような対症療法をおこない、点滴などで代謝を促したり、ひどい場合には胃洗浄を行うここもあります。

*慢性中毒
睡眠障害や頻脈、頻尿などのほか不安感や焦燥感などが起きます。この場合は、毎日のカフェインの摂取量を少しずつ減らし症状の軽減を図ります。


<カフェインの適正摂取量って?>

カフェインの適正摂取量を一概にどれくらいと示すのは、個人差もあり難しいので1日量として超えないほうがよい量を考えてみたいと思います。薬の用量には、極量という概念があります。極量とは、通常その量を超えては摂取してはいけない成人に対する経口投与量をいうのですが、わかりやすく言うと「それ以上飲むと危険な用量」をいいます。カフェインの極量は、成人では、1回1g、1日3gです。この極量を超えて服用した場合、なんらかの不調や副作用が起こる可能性が高いと認識してください。


<清涼飲料水やコーヒーのカフェイン量は?>

私たちが何気なく飲んでいる清涼飲料水やお茶などにもカフェインが含まれています。たとえば、おおよそではありますが、コーヒー1杯に100~150 mg、お茶1杯に50~75 mg、コーラ1杯に30~50 mg程度。やはりコーヒーは、カフェインの含有量が高いですね。ですので1日に何杯もコーヒーを飲む人は注意が必要ですね。風邪の時などに風邪薬と栄養ドリンクを一緒に飲む人がいますが、この場合もカフェインの量を確認してから服用することをお勧めいたします。


<まとめ>

寝不足などでついつい、コーヒーを多く飲んでしまう日などは、もしかしたら、1日の適正摂取量を超えてしまっているかもしれません。一度、ご自身のカフェイン摂取量を見直してみては、いかがでしょうか?カフェイン中毒などを招くことがないよう適度なカフェインの摂取を心がけてください。




cup-of-coffee-1414919_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)