自分のにおいが気になって気になって仕方がない・・・そういう人はもしかしたら自臭症かもしれません。


自臭症とは強迫観念の一種。
実際にはそんなに臭わないのに、「自分は臭いのではないか?」「周りの人に迷惑だと思われていたらどうしよう」「人と会うのがつらい」と思い込んでしまう精神病で、繊細で、他者の目を常に気にする人に多いとされています。世界的にみると、日本人に多く見られるそうなので、国民性もあるのかもしれません。
また、過去に、臭いを指摘されたことがある人も、受け取り方次第では自臭症になりかねません。
「自分って臭いんだ」「恥ずかしい」「人のそばには行けない・・・」と、実際にはそうでもなかったり、たまたまだった場合でも、そうなってしまうことがあるのです。


自臭症の人は、自分の臭いを気にするあまり、他人のほんのちょっとしたしぐさ-例えば、鼻を覆う、顔をそむけると言った何気ない動作すらも「自分が臭いからだ」と受け取ってしまうので、他者と行動することが困難になってしまい、結果、社会生活が送れなくなってしまうことにもつながりかねません。
また、異常なほどにカラダを洗ったり、服を取り換えたりして、潔癖症のような一面を見せることも。こうなってくると、周囲も戸惑いを見せ、どうしても周囲とのコミュニケーションが取りにくくなることもあります。


社会生活が困難になるほど、あまりにも自分の臭いが気になる、という人は一度病院に行くことをお勧めします。本当は最初から精神科や心療内科に行く方がよいのですが、敷居が高いという人はまず、皮膚科や内科で相談してみてください。もし本当ににおいがひどいのであれば、病気由来の可能性もあるのでそのまま治療に入るでしょう。自分が思い込んでいるだけであれば、「臭くないですよ」と言われておしまいですので、それはそれで良い結果になるのではないでしょうか?臭いがそんなにないとわかった場合、確実に自臭症ということになります。


肝心の治療法ですが、まず、カウンセリングなどで「自分の臭いはそんなに臭くない」ということを自覚することから始まります。もちろん、周囲の人間の協力も必要です。気にするほどの臭いはない!と本人は納得しないとこの病気は治りません。少し時間はかかりますが、本人に自信をつけさせることが大切です。カウンセリングでは、専門のカウンセラーが、本人の性格に合わせて話を聞きながら考え方を提示していきます。このカウンセリングだけで良くなる人も多くいますので、やってみる価値はあります。
カウンセリング中に【この人はちょっと重症だな】と診断された人は、薬物療法となります。使用する薬物は、セロトニンと言う物質の分泌を調整する役割を持つ、SSRIというものが主流。


SSRIはうつ病治療にも使われる薬。
もともと、セロトニンが感情をコントロールするうえで重要な役割を果たす物質なのですが、これが不足するとどうしても鬱や睡眠障害などに陥りやすくなり、マイナス思考になりがちなのです。そのため、セロトニンの分泌を調整するSSRIを使って、感情を落ち着かせ、少しでもプラスに考えられる状態を作るのが目的になります。SSRIが作用し始めるのには2~3か月ほどかかりますので、その間、きちんと通院し、薬を処方してもらう事が大切です。
また、SSRIのように感情のコントロールを主とした薬は副作用の問題もありますので、他人に処方されたものは絶対に使用せず、必ず、医師から処方されたものを利用するようにしてください。自臭症の人は、思いつめやすいため、鬱傾向にあることもありますので、SSRIは、それも含めての治療にも効果的です。薬が必要かどうかは医師の判断によります。医師の指示を仰いで正しく服用しましょう。


とにかく、自臭症の治療には、感情のコントロールができるようにしていくことが大切ということですね。周りに「あれ?この人自臭症じゃない?」という人がいる場合はぜひ、病院を勧めてあげてください。というのも、自臭症の人は【自分が病気であるということに気づかない】ことが多いからです。ですので、自臭症の人が自ら病院に行くことは本当に稀なことなのです。
そのため、周囲が放っておくと、自分が本当に臭いんだという思いを払しょくしきれず、対人関係が怖くなり、思いつめた挙句に自殺に発展する、というケースも少なくありません。


自臭症の人は、適当に言っているのではなく、本当に「自分は臭いんだ」と思い込んでいるため、とにかく早急にその思いを訂正してあげなければいけないのです。軽ければ軽いほど早く回復しますので、ちょっとでも思い当たることがあれば、「臭くないよ」「気になるなら病院に行ってみたらいいよ」と言ってあげてください。あなたの一言で、その人は救われることでしょう。



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)