毎月くるイヤ~な女の子の日。出血するだけでも面倒なのに、あの痛みと戦わないといけないとは…でも、痛くない人と痛い人がいるのはなぜだろう?実は生理痛にはきちんとした原因があったんです

・生理前に起こる異常は黄体ホルモン
生理前、眠くなったり、なんとな~くやる気が起きない、人によっては頭痛や肩こり、おっぱいの痛みに悩まされることも!これは全部黄体ホルモンのせいです。大体生理が始まる1週間前から起こるこの症状は始まるまで続きます。イライラしたりすることもあるので、精神的にはきつい時期かも?

・生理の初めはプロスタグランジンが暴れてる
生理が始まるころから2日目くらいまではプロスタグランジンと言う物質が急に増えまくり、カラダの中で暴れまくります。多くの人が苦しみ、「生理のヤツめええええ!」と思っている生理痛はだいたいコレのせい。プロスタグランジンは子宮をぎゅうっと収縮させて経血を外に排出する働きがあるんですが、この【子宮ぎゅうっ】が傷みの原因。だって、疑似出産ですもん!でも、このプロスタグランジンが少ない人は子宮の収縮が激しくないので生理痛は少ないんですって!うっ、うらやましい!
ついでに言うと、このプロスタグランジン、血管も収縮させるそうで、腰痛とか、だるだる気分とか冷えも誘発するんだそう。今度から「生理のヤツめええ!」ではなく、「プロスタグランジンめえええ!」と思うようにしましょう。でも、いざ出産の時には、このプロスタグランジンががっつがつ出てきて、子供が生まれてくるんですからありがたい物質と言えばありがたいんですよね…。

・生理の終わりは血が滞っているだけ
生理の終わりごろまでずっと、「痛いよお」「辛いよお」な人はたぶん、血が滞っているだけじゃないかと思います。血行促進のため、マッサージや半身浴を試してみてはどうでしょう?おへそにカイロをあてるのもいいかもしれません。あまりにも生理痛がひどい人は子宮や卵管に異常がある場合があります。時々、生理で学校や仕事を休む【生理休暇】を取るのは当たり前と思っている人がいますが、それは本来異常なこと。当たり前じゃないんです。
生理休暇は「それ異常だから休んで病院行って来い」レベルの話なんです。こういうケースで、調べたら子宮に筋腫が!卵管に腫瘍が!なんて言うのはよくある話です。普通の人の生理痛は、【確かに痛いけれどもなんとか生活はできる】レベルなんです。ですので、同じ女性であっても「生理でお腹痛いのでやすみまーす」は通じないことのほうが多いです。生活に支障がでるほどの痛みの場合は医師に相談し、診断書を作成してもらい、周囲に理解してもらうのが先決。そこで異常が見つかれば治療ができるし、異常がなくても「病院に行った」と言う事実で同じ女性からも共感を得ることができるかもしれませんよ。毎月嫌な気持ちになる生理なんですが、よくよく考えてみると、体に異常が来て当然かも?

だって、よく考えてください。妊娠準備整えて、準備ができたら排卵して、受精しなかったら排出して、また準備始める、これがたった1か月の間にあるんですよ!その間、ホルモンバランスは変化し続け、女の子のカラダは月に4回変わるとまで言われてるくらいなんですから、常に変動があって当然かな?と思いませんか?男なんて何もないんですよ!そう考えると、私たちってすごい!と思います。

ちなみにこの生理、妊娠以外でも来なくなることがあります。突然生理が来なくなった、不順になった、こういう人はまず、普段の生活を見直してみましょう。特に多いのは無理なダイエットをしているときです。生殖機能と言うのは、生きていく上での順序の中では低い存在ですので、「あ、この環境では子孫が残せない」とカラダが判断し、整理をストップさせているのです。ですので、「生理止まった!」と思ったら、ちょっとダイエット法を見直してください。栄養不足に陥るような方法を取っていませんか?健康を損ねるようなダイエットはしないようにしましょうね。

ストレスや睡眠不足で生理が止まる人もいます。女性が社会進出するようになり、忙しい毎日を送るようになった弊害と言いますか、とにかくホルモンバランスは乱れがちです。ゆったりした気分で過ごせるようになればいいのですが、仕事がらみだと簡単に辞めるわけにもいきませんし、いろんなことを考えなければいけません。気分転換の方法を考えながら医師と相談すると良いでしょう。止まったまま放置しておくと、将来的に不妊になる恐れもありますので要注意です。面倒だからこのままでいいや♪なんて思うのは絶対にやめましょう。

今は子どもなんていらないし・・・と思っている人でも、いつ子どもがほしくなるかわかりません。面倒でも、生理は毎月くるのが望ましいのです。

af9970047315w
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)