近年、様々なアレルギー症状に悩む患者が急増の一途を辿っているのを皆さんはご存知でしょうか?

現代の日本では3人に1人が何らかのアレルギーを持っていると言われています。今から40年ほど前、1970年代のころには2015年現在のようにアレルギーを専門とした研究機関や医師も多くはありませんでした。しかし、その頃のアメリカでは既にアレルギー症状を訴える患者が急増していました。当時アメリカへ勉強に行った日本人医師がアレルギー専門の外来窓口に並ぶ多くの患者が溢れかえる姿を目にし、驚いたという話が残っています。そして現代、日本は当時のアメリカ以上のアレルギー大国になりつつあります。毎年毎年、春先の時期になると鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどに悩まされる方も少なくはないですよね。この時期にはわたしもマスクとメガネは欠かせない外出アイテムです。では、現代の日本人が悩まされるアレルギーはどんな種類があるのでしょう?


♦アレルギー性鼻炎
鼻炎は、通年性と季節性に分かれます。通年性とは、家のホコリやダニのフンや死がいが主な原因です。ペットのフケやカビも通年性アレルギー性鼻炎の原因となります。また季節性で現代人に1番馴染み深いのが・・・花粉症です。原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。日本では、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。現在多くの製薬会社より様々な花粉症のグッズが市販されていますが、利くか利かないか?には個人差があるようで・・・なかなか完璧な対策ではないようです。


♦アトピー性皮膚炎
アレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。主な症状は、「湿疹」と「かゆみ」です。良くなったり悪くなったりを繰り返しなかなか治らないことが特徴です。この悪循環を食い止めるためには、まず早い段階で炎症を抑えること、肌のうるおいを保つスキンケア、さらに皮膚への刺激を減らすことが症状コントロールのポイントとなります。


♦植物アレルギー
体内に侵入してきた異物に対して抗体を作り、異物を攻撃して体を守ろうとする働き、それが免疫反応です。そしてこの働きがある特定の物質に対して過剰に反応してしまう、それがアレルギー反応です。食物アレルギーの場合、食べ物に含まれる主にタンパク質が異物(アレルゲン)と認識されて症状が引き起こされます。特に子供に多くみられるのが特徴で、6歳以下の乳幼児が患者数の80%近くを占めますが、近年では成人した大人の患者も増加傾向にあります。主な対策としては、正しい知識をもった医師に正確な診断をしてもらうことが最も大切です。必要以上に心配し過剰に食べる品目を減らしていくと栄養が偏ってしまうので、アレルギー食品に心配りをしつつ、きちんとした食生活を送ることが改善への近道です。


こうしてして調べてみても現代にはこれだけ多くのアレルギー症状が存在しています。食べ物によるアレルギー症状、花粉やチリやホコリから起こるアレルギー症状、肌に触れて起こるアレルギーなどなどなど。もちろん、その他にも様々な病原菌、ウィルスも多く存在します。わたし達人間は常にこういった環境で危険に晒されている、と言っても過言ではないのですが、様々な外的要因に打ち勝つため日夜様々な薬、治療法が世界中で研究されています。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の地球上に存在する薬の約1/4がアマゾンに自生する植物から合成されているそう。 しかしなんと、アマゾンに自生する植物全体、約6万種のうち、私たち人間が研究しているのはその1%にしか満たない様なんです。「まだ研究もされていない、99%の植物の中に【ガン・エイズ、特定疾患などの特効薬】が見つかる可能性は非常に高い」とアメリカ国立ガン研究所ゴードン・クラッグ博士は述べられています。やっぱり自然の動植物の力はすごいですよね。


人間のわたし達も負けてはいれません。今回紹介する商品は、あの荒野を駆けるダチョウの力を借りているのです!強靭なダチョウの卵の卵黄から抽出した抗体がたっぷり詰まったミスト状の化粧水。ダチョウと聞いてイメージで浮かぶのは強靭そうな脚と大地を蹴り上げる鋭い爪ですが、彼らはその見た目通り獰猛な一面もあり、縄張り争いや、求愛の時期には雄同士が鋭い爪で蹴り合います。その際、ダチョウはかなりの傷を負っても自然に完治してしまうほどの強い抗体を体内に持っています。寿命も鳥類の中では最も長い40年~60年。そんなスーパーバード!な彼らに着目し作られたのが【ダチョウ抗体オストリッチPBミスト】です。元々はスキンローションであったりマスクとして販売されていましたが爆発的な人気が口コミで広がり、現在の顔に直接スプレーするミストタイプになりました。
【ダチョウ抗体オストリッチPBミスト】http://goo.gl/3Hu2G6

花粉の季節、ミストを顔全体にシュッとしてマスク要らずの快適生活を手に入れましょう。

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343500-thumb-260xauto-3760

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)