しばらくガマンすれば治るとはわかっていても、痛いし、わずらわしいし、気になる口内炎は、本当に困りモノです。口内炎ができる原因と、できてしまった時の対処法をご紹介します。



【口内炎とは】
口内炎は口の中、つまりほおの内側と歯ぐき周辺の粘膜に起きる炎症の総称です。口の中に吹き出物ができる症状を含む場合もあります。ちょっと触れただけでも痛いのですが、辛いものや酸っぱいものを食べると特に傷みます。炎症の表面は、赤くはれていたり、白く膿状のおので覆われていることがほとんどです。




【口内炎ができてしまう原因と対処法】
間違って歯で噛んだり、固いものがあたって傷ができる外部刺激や、ストレスなどの免疫低下により、赤くはれたり、白っぽい潰瘍ができるのが口内炎です。10日前後で治りますが、疲労やストレス、栄養不足などで体力が低下したり、モノが当たりやすい場所などにより、くりかえし発生することもあります。

ほかにも内科系の病気から発生するタイプや、特定の食物や薬品、金属、タバコのニコチンなどのアレルギーなどが原因で起こるタイプがあります。また、ヘルペスウィルスが原因のウィルス性口内炎は、体調不良などでおこりやすいので、気になる方は専門医に相談しましょう。

口内炎はほとんどの場合、放っておいても1週間程度で回復します。痛みがひどく、治りにくいと感じる口内炎の対処法には、軟膏タイプの塗り薬やスプレータイプの薬、パッチの貼り薬、内服薬が用いられます。ただし、口の中の粘膜という場所柄、薬剤がなかなか定着せず、効果が上がらないこともあります。
口内炎ができてしまったら、まずは口内炎を悪化させる細菌やウィルスが繁殖しないようにするのが重要です。毎食後の歯磨きはもちろん、マウスウォッシュなどの洗口液、うがいなどで口の中を清潔にしましょう。少ししみますが、食塩水も殺菌作用があるので、口内炎治療に効果的です。歯磨きは柔らかいブラシを選びます。固い歯ブラシや荒っぽい歯磨きは、口内炎を刺激したり、傷の原因にもなるので、優しく丁寧にブラッシングしましょう。

体の疲れや栄養不良が原因の口内炎の場合、サプリメントやビタミン剤をとるのも効果的です。口内の粘膜の炎症を抑えるのに有効のはビタミンB2とCです。ストレスをためないように心がけ、食習慣や睡眠などの生活習慣を見直しましょう。



口内炎ができたときは、自分の健康状態をチェックする絶好の機会とも言えるでしょう。自分の体が出してくれるSOSのサインとして受け取り、休息をしっかりとる、栄養のある食事を心がけるなど、しっかりセルフケアをするようにして下さい。

lgf01a201308290100

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)