パソコンやスマホ、ゲームや読書など、目を疲れさせることが多くなった現代人。よく目が乾くという方も多いのではないでしょうか?そんなドライアイに悩まされている方の中には、結膜弛緩症になってしまっている方もいます。そこで、今回は目にシワが出来る結膜弛緩症について紹介します。



【結膜弛緩症はどのような病気なの?】
そもそも「結膜弛緩症ってどのような病気なの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。これは簡単に言うと、目の表面が弛んでしまうことによって、涙点を塞いでしまうことを言います。この結膜弛緩症になってしまうと、緩んだ部分が涙点を塞ぐので、必然的にドライアイになってしまうのです。弛みが悪化すると、目のかゆみやゴロゴロ感、痛みや充血なども引き起こします。目に違和感を抱いたら、すぐに治療を行いましょう。



【結膜弛緩症になってしまう原因とは?】
では、この結膜弛緩症になってしまう原因とは何なのでしょうか。実は、結膜弛緩症になってしまう原因というのは具体的に解明されたわけではありません。しかし、その原因の一つとして考えられていることが加齢です。加齢することによって、目の年齢も重ね、目に弛みができてしまうことがあるのです。

また、近年増加したコンタクトレンズを着用する人も結膜弛緩症になりやすいことが分かっています。コンタクトレンズの着脱時や付けている時は、悪化する原因を作ってしまうこともあるので注意しましょう。



【結膜弛緩症になってしまったときの対策・対処方法】
結膜弛緩症になってしまった場合は、すぐに眼下に駆けつけることが必要です。目に違和感を抱いている人の中には、「その内治るだろう」と思っている方もいます。その考え方は危険なので、少しでも「おかしい」と思った場合は眼科で治療することが必要となります。「結膜弛緩症にならない為の対策を知りたい」という方もいますが、原因が解明されていないという点もあるので、まずは目を健康的に保っておくことが必要となります。長時間の目の使用や目が疲れることをするのは避けると良いです。




眼球はつるっとしていて、シワなどができないと思っている方も多いです。しかし、実際には結膜弛緩症などの病気もあるのです。病気と言うほど深刻なものだとは思っていない人もいますが、放置しておくと目に良くないので、早めに治療するようにしましょう。また、目に違和感があるという方も、一度眼科等で検査しておくことがオススメです。

OZP85_gannkyuuhirou500-thumb-1000xauto-3537[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)