鼻血はよく出る人と出ない人がいますが、病院へ行くほど緊急な症状でもないためご自身で対処される方が多いでしょう。ですが、時には救急車を呼ばなければいけないケースもあります。正しい鼻血の処置方法や、悪い処置をしてしまったらどうなるのか?鼻血の正しい知識を身につけて下さい!



【鼻血ってどうして出るの?】
鼻血は鼻の中にあるキーゼルバッハ部位というところから出血することで起こるケースがほとんどです。鼻の開口部に一番近く、血管が多い場所であり粘膜層も薄いので少しの衝撃で出血します。それよりも奥の場所からの出血もありますが、ほとんどはキーゼルバッハ部位の出血によるものです。




【悪い処置をしてしまうと・・・大変なことになる!】
鼻血が出たと焦って上を向く人がいますが、これは大きな間違い。鼻血を飲みこんでしまったり気管に入ってむせてしまうので、絶対に仰向けにはならないことが大切です。また、よく見かける「ティッシュをつめる」のも悪い処置方法です。再び鼻の粘膜を気付付けてしまう可能性があり、一時的に留まったとしてもティッシュを抜いた時に再度鼻血が出てしまうことがあります。首の後ろをたたいたり、暖めるのもNG!特に子供には絶対にしないでください。




【鼻血の正しい処置方法】
正しい処置方法は二通りあります。まずは鼻血を飲みこまないようにうつ伏せ、または下を向きます。そして鼻の上部辺りを指で軽くつまんで、鼻で息ができなくなるようにします。この処置方法だと15分ほどで止血できます。鼻から溢れてしまった血はタオルやティッシュなどでふき取りましょう。

これでも止まらない場合は、耳鼻科などを受診する方が良いでしょう。30分以上止まっていない場合も同様に、すぐに病院で止めてもらうべきです。



最初にもいった通り、鼻血が出やすい人と出にくい人がいますが、キーゼルバッハ部位が元から丈夫だったり、運よく傷つけることなく過ごしてきた方は今まで鼻血を一度も出したことがないという方もいます。子供は指が小さく、ふとした拍子に鼻粘膜を傷つけやすいので、子供は鼻血を出すことが多いのです。鼻血を予防する方法はあります。物理的刺激を減らすためにも爪は短く切っておき、免疫力を高める為ビタミンCなどの栄養をしっかりと摂りましょう!また、ティッシュよりもハンカチやタオルなどでふき取ったほうが、鼻の中にティッシュが入ってしまうこともないのでよく鼻血が出るという方はハンカチやタオルを持ち歩いておくと良いでしょう!

iulia.pironea[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)