皆さん、最近ニュースで取り上げられている『MERSコロナウィルス』をご存知でしょうか?
今韓国で大流行しており政府が全力で対策しているくらい危険な病原体ですが、本日のニュースで10日に韓国から帰国した日本人旅行客がこのMERSに感染していたことが明らかになりました。これがどうゆう事か、皆さんわかりますでしょうか?そうです、日本でもMERSに感染する可能性が出てきたということです!
今回はこのMERSの脅威から身を守る対策方法を紹介したいと思います。



【そもそもMERSコロナウィルスとは?】
MERSコロナウイルスとは中東呼吸症候群の病原体と言われており、中東地域及び韓国で感染拡大中の新型コロナウイルスのことを言います。感染すると重度の肺炎や下痢、腎障害を引き起こし、死亡率が40-50%前後と非常に高いといわれております。(Wikipedia「引用」)
このMERSこの名ウィルスですが、なぜ韓国で広まったのかはいまだ不明ですがヒトからヒトへの感染確率が高いため各国でパンデミックの可能性を心配しています。

日本ではこのMERSに限らず、感染症患者にとっていいことだらけの国だと各国で注目を浴びています。
その注目される理由の一つに「感染症医療助成制度」があります。この制度は国が指定した感染症に感染した患者に対して国やと都道府県で入院する際にかかった費用を支払い義務があるという制度で、実質無料で感染症の治療が受けられます。
厚労省で1月に国内でMERSが発症した患者に対して強制入院を可能とさせる「2類感染症」に指定されたことから見ると日本は感染症の治療に力を入れていることがわかりますね。またこの制度が国民だけではなく、一般の外国人観光客も対象になっている点も各国で注目される理由になってます。



【MERSから身を守る方法って?】
はっきり言ってMERSから身を守る確かな方法はありません。

このMERSコロナウィルスはヒトからヒトへの感染は考えられていますが、詳細な感染経路が判明されていないくらい恐ろしいウィルスなので、とにかく感染した人を隔離する方法でしか予防対策が無いのです。
ですが何も対策しないまま感染してしまうのも怖いので、筆者が思う対策方法としては「外出するときはマスクをする」「手洗いうがいは念入りに」「海外への旅行は控える」が大切だと思います。
これはインフルやほかの病気の対策とほとんど同じだと思いますが手洗いうがいやマスクで少しでも効果があるのならやっておいて損はないと思いますよ。
後はニュースに注目しておくと新たな対策方法が出てくるかもしれないので空いてる時間にニュースを見る習慣を付けることをおすすめします。

8157551528_6d0e3838e1_b[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)