つめは健康のバロメーターと言われているほど、爪を見ただけで健康状態がわかります。アナタの爪は、今どんな状態になっていますか?

 

  • 爪に現れるカラダの不調サインとは?

手の爪を見る事で、体調不良がわかることが多いので、ぜひ爪の状態を定期的に確認してください。ちなみに、髪の毛の変化も同じように体の調子が現れやすい部位と言われていますので、合わせてみるといいのではないでしょうか!さて、爪や髪でなぜ体の状態がわかるのでしょうか。それは、爪や髪の毛は体の表面に表出している部位の中でも、細胞分裂の盛んな場所だからです。爪は1日に0,1mm前後、髪の毛は1日に0,3mm前後伸びると言われており、爪や髪の毛は皮膚の角質(ケラチン)が変化して硬化(角質化)したものとなります。病気になると、顔色が悪くなったりしますよね。
それと同じように、爪にもそのときの栄養状態が克明に記録されるようになります。そして、爪は体の末端にある部位であるため、体に必要な栄養素が足りない場合、最後に栄養素が配られる為に、不足状況などが一番出やすいところでもあると言われているわけです!

 

  • 爪の状態でわかる病気

・爪に黒い線が出てくる場合
手や足の爪に黒い線が出てくる事がありますが、これは、大抵の場合、爪の根元にある爪母細胞(爪を作る細胞)の辺りにホクロ(メラニン色素がの固まり)が出来て、爪に色素が移ってしまう状態です。こういった場合は問題はないのですが、注意したいのがこの黒い線がメラノーマだった場合です。メラノーマは皮膚がんの一種で、悪性黒色腫と呼ばれているものとなります。もし黒の腺が濃くなったり太くなったらメラノーマの可能性がありますから、すぐに病院に行くようにしましょう!

 

・爪がデコボコ・ガタガタしている場合
爪の表面が滑らかではなくデコボコ・ガタガタしている場合、横にスジの入ったデコボコになっていないか確認しましょう。横線の場合は、爪を作る過程で何かしらの影響を受けたため、一時的に筋が入ったり、戻ったりを繰り返している状態となります。

 

例えば、

・爪の根元の辺りに衝撃を受けた

・栄養不足

・服用している薬の影響

・貧血や痔

などが原因ででこぼこするようになるでしょう。もし、溝が深くなった場合は糖尿病や亜鉛欠乏症、血液系疾患などの疑いも出てくるので注意が必要です。

 

・爪が白くなった
爪の色が白くなる原因にはいくつかの理由がありますが、外的影響も無く白濁したりするのは、病気や栄養素等が疑われるでしょう。爪が白い原因は、爪の水虫になっている可能性がありますから、一度皮膚科医に相談するといいですね。また、爪が薄くなったりした場合は、ダイエットや栄養不足のことが多いので、そういった場合は、いったんダイエットを中止してください。




さいごに
爪を見ることで健康状態がわかりますが、爪の変形が現れたことですぐに「病気」というわけではありませんよ。体の健康とは別に、爪に何らかの負担をかけていれば爪も変形しますからね。例えば、ネイルが原因になっていることだって多いのです。健康的に問題ないのに、爪が変形してしまっているということがあれば、ネイルをやめてみてください!ネイルじゃなく、自分の爪をきれいに伸ばしている人のほうが、すごく魅力的です。しかし、少しでもおかしいなと思ったら、病院に行くようにしてください。





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)