薬を飲むときに書かれている「食前」「食後」というものですが、いったいどういったものでしょうか?薬の注意事項に書かれてる食前、食後っていつのこと?薬の入っている袋を見ると、食前・食後・食間などの指示が書かれていますが、これはいったいどういう意味でしょうか。

 

・「食前」
食事の30分前から60分前に薬を飲むという意味です。

・「食後」
食事の後、約30分以内に薬を飲むことをいいます。

・「食間」
例えば、朝食と昼食の間に薬を飲むことです。(食後約2時間ぐらいが目安)



なぜその時間帯に飲まなきゃダメなの?
食前や食後という指示があるのは、必ず理由があります。

 

・食前の場合
例えば、食前の場合は、胃を積極的に動かさなければいけない。吐き気を止めなきゃいけないなどの薬の場合になります。

・食後の場合
「食後30分」と明記されているお薬手帳を見かけることがありますが、このときは、食後30分以内なのか、食後30分経過してから服薬するのかをきちんと確認するようにしてください。食後の薬の場合は、空腹だと胃が荒らされることがあったりすると食後という指示をもらいますね。抗生物質などが主です。

・食間の場合
食間に飲むように指示される薬は、空腹時に飲みなさい、という意味になります。これは、空腹時に服用することで、その薬の効果を得られることができるからなんですね。多いのが「漢方薬」になるでしょう。とは言っても、食間を「食事をしている最中に飲む」と思っている人が少なくありません。


どうして薬は水で飲まなきゃいけないの?

薬を飲むときは、「水またはぬるま湯で飲んでください」と言われることが多いかと思います。でも、薬は苦いし不味い・・・。水で飲んだら、薬の味がそのままくるから飲みたくないという人もいますよね。特に子供だとそうではないでしょうか。実は、たいていの薬は水以外の飲み物で飲んでもかまわないんですよ。
お茶やコーヒー、牛乳、ジュースなどで飲んでもいいとのことです。しかし、一部の薬は水以外の飲み物と一緒に飲むことによって効果が薄れてしまうものもあるため、「水またはぬるま湯で」という指示が出ます。例えばカルシウム拮抗薬(心臓のお薬の1種)とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけない・・・というのも本当の話です。これは、薬によって相性の悪い飲み物は決まっているからなのですね。

 

1.水
他の飲み物の様に不純物が入っていませんから、薬の効果を最大限に高めることができるでしょう。

2.お茶
お茶に含まれる成分が薬の成分と混ざり合うことで目的の効果を得られない場合も出てきます。

3.スポーツドリンク
スポーツドリンクは糖分が高いものが多いですし、体に負担をかけ副作用が出る場合があります。

4.コーヒー
コーヒーの場合は特に気になるのがカフェインになるでしょう。

心をリラックスさせることを目的にした精神安定剤だったはずなのにカフェインで興奮作用を得ていては効果がありません。


さいごに

食前、食後、食間・・・といった、飲むタイミングの指示があるということは、理由があってされているということです。医師も薬剤師も決して適当に決めているわけではありませんからね。

その指示にきちんと従うようにしてください。また、水で飲むのが一番ですから、やっぱり苦くても水で飲むようにしたほうが、薬の効果を得られるのは間違いなしですね。






0I9A350615032140wakaranai-thumb-815xauto-18998

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)