秋の長雨の時期、皆さんいかがお過ごしでしょうか。洗濯をするタイミングが掴めなくて困っているMinでありますが、もっと深刻に悩んでいるものがあります。
それは頭痛。高校時代ぐらいから頭痛で雨の予測ができるほど片頭痛持ちでした(´・ω・`)今回はどうして雨の日に頭痛が起きるのか?についてご紹介していきたいと思います。

◆頭痛の原因は低気圧のせい

雨の日に頭痛を感じたことのある方、小雨の日よりも台風の日のほうがより頭が痛くはないですか?また、小雨ぐらいでは感じなくとも台風の日は頭痛を感じる方も多いのではないでしょうか。これは低気圧によって気圧が下がるために頭痛が引き起こされているのです。

では、なぜ気圧が下がることによって頭痛が起こるのか?これには2つの説があると言われています。

1つは、低気圧による気圧の変化によって血管が膨張するためだと言われています。低気圧で気圧が下がることによって空気が薄くなります。空気が薄くなることによって血管が膨張して頭の神経を圧迫し、頭痛が引き起こされます。また、頭の血管も膨張するので頭痛が悪化してしまうのです。

2つは、自律神経が原因であると言われています。気圧の変化を副交感神経がキャッチし、リッラクスモードの自律神経が優位に働こうとします。副交感神経が優位になると、血圧を下げたり、眠気を引き起こしたりと体を強制的に眠らせようとしてしまいます。そのため頭痛以外にもだるさや眠気を感じたりする方もいるかと思います。この副交感神経によって血管が大きく拡張してしまうため、頭痛が引き起こされるのです。元々自律神経が乱れがちな方は、頭痛のほか特にだるさや眠気が引き起こりやすいと言われています。

このような低気圧によって起こる頭痛を総称して、低気圧性片頭痛と言われています。

◆低気圧性偏頭痛の治し方

この低気圧性片頭痛の治し方のポイントについて見ていきましょう。

・患部を冷やす
頭痛には頭を冷やしたほうが良いものと温めたほうが良いものの2種類あるのは頭痛持ちの方でしたら、ご存知かと思います。この低気圧性片頭痛は頭の血管が膨張して起こるため、収縮させるために患部を冷やしてあげてください。冷えピタや熱さまシートがあると便利ですよね(・ω<)

・カフェインを摂取する
コーヒーなどのカフェインにも血管を収縮させる働きがあるので積極的に摂って下さい。コーヒーが苦手な方は緑茶や紅茶など。今時レッドブルなどのエナジードリンクも良さそうですよね♡だるさや眠気の症状が出る方も改善されそうです!

・照明の暗い部屋で静かに過ごす
光や音は脳に刺激を与え、血管の拡張に繋がります。そのため治まるまではじっと過ごすのが良さそうです。ただし、寝すぎてしまうのはNG!寝ることによって更に血管は更に膨張してしまいます。安静にしていることは大事ですが、たくさん寝てもこのタイプの頭痛は治りません。

・低気圧に備えて準備する
今日は天気が悪そうだ…なんて時は早めに頭痛薬を飲んでしまうのも手です。薬に頼りすぎるのはよくありませんが、どうしてもゆっくりできない日、力を出したい大事な日なんかは頼ってしまっても良いと思います。

この他にも日頃のストレスを減らすことによって自律神経が安定し、頭痛が引き起こりにくくなる。との説もあるので、毎日の生活環境を整えることが大事なんでしょうね!適度な睡眠や運動が頭痛予防に繋がるのです。

もう頭痛で悩むのは終わりです
まずはこの『ずきしらずの実』お試しください ⇒


f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)