のどが痛いわけでも、せきが出るわけでもない。もちろん熱もないから風邪ではないはずなんだけど、最近なんだかだるくて疲れ気味…。もしかしたらその症状、秋バテかもしれませんよ。夏バテじゃなくて秋バテ?そんなものもあるの?と思われるかもしれませんが、急に気温が下がり秋へと突入した今年、この秋バテを訴える方が特に増えているようなのです。

◆夏バテと似た症状が起こる秋バテ

秋バテとは暑さが落ち着いてきた9月の涼しくなってきた頃に起こる体の不調です。猛暑の頃と比べて過ごしやすくなったにも関わらず、だるさを感じたり、頭痛がするなど夏バテと似た症状が出ます。
夏バテというと暑さで食欲や体力が落ちたり、冷房によって冷えた室内の温度と室外の熱気との差に体がついていけず、だるくなったりすることを指しますよね。秋バテも食欲不振や体の重さを感じます。

記録的な猛暑日が続いた後に急に気温が下がった今年の晩夏。気温の寒暖差についていくために体温調節にさらに体力を使ってしまい、秋バテを発症しやすいのだそう。また夏バテが深刻化し、秋バテになってしまう方も多く、原因は夏の期間に冷たいものを摂り過ぎた内臓冷えと冷房による冷えだと言われています。

つまり、夏バテによって奪われた体力を回復できないまま、今の時期に急激な温度や気圧の変化を受けることになります。そのために体が対応できず秋バテは引き起こるのです。

◆秋バテを解消するためには

秋バテは主に体を温めることによって解消できます。ゆっくりと体力と体の機能を回復させてあげましょう。

・ゆっくり入浴をする
夏の間はシャワーで済ませがちだった方も、湯船に浸かるようにしましょう。お湯の温度は38~40度にし、20~30分かけてゆっくり入ることが効果的です。リラックス効果やムクミ解消効果もありますし、女性にとって嬉しいことがたくさんです。

・温かいものを飲む、食べる
暑さにやられて温かいものが喉を通らなかった夏バテの時期。そのせいもあって胃腸は弱っています。胃腸の機能を回復させるためにも、体を温めるためにも温かいスープを食べるのはどうでしょうか。これからの季節しょうがを少し入れてみるのも美味しそうですよね!

・薄着をしない
朝晩の寒暖差が激しい時期、なるべく体を冷やさないように上着やストールなどを持ち歩くようにしましょう。また、冷房が効いている場所も今の時期まだまだあります。そんな時の冷房よけにも上着があると便利ですよね!
また、最近皆さんはどんな格好で寝ていますか?そろそろ長袖で寝ること、厚手の布団に切り替えていくことが必要だと思います。寝相は悪くなくとも布団から出ていた手から冷えを感じていくこともあります。温かいお風呂に入った後に温かい布団で眠るほうが眠りの質も良くなりますよ!

これから寒くなるほどに風邪やウイルスも流行る時期になりますよね。その前に体力の回復をしておかないと免疫力が弱まって風邪にも負けやすくなってしまいます。そうならないためにも、今だるさを感じている方は秋バテから解消して行きましょう。

ぽかぽか女子のジンジャースムージー  

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)