歯が痛み出したとき、なんとか痛みをとろうと試行錯誤し、実はとんでもなく間違った自己流の応急処置をされる方をしばしば見かけます。

歯が痛み出したときに、すぐに歯科医院に行ける場合ばかりではないのですが、まちがった応急処置でより事態を悪化させてしまうこともあります。

とくにやってはいけない応急処置をご紹介します。筆者も日々診療を行っているうえで、しばしば歯科医師もびっくりな応急処置を見かけます。

お口の中や歯の健康とは長く付き合っていくものですから、ぜひ正しい歯の知識を頭の片隅に置いておけるといいですよね。歯の痛みはなかなか自分では取り除きにくい場合が多いです。かかりつけの信頼できる歯科医院を決めておくのも大切なことです。


【銀歯や差し歯をもとに戻す】

あ、銀歯が取れた、差し歯が浮いた。こんな経験をしたことはないでしょうか。
銀歯や差し歯は、中のセメントが劣化したり、歯の中に虫歯が出来ると取れてしまうことがしばしばあります。
銀歯が浮いてしまった時、大変だと焦りそのまま元に戻そうとする方が実は結構大勢いますがこれはNG。
銀歯の中に汚れやばい菌を押し込んでしまうことになります。
少し浮いた銀歯を押し込んでしまうともとに戻ってしまうこともありますが、このまま使い続けると銀歯や差し歯の中で歯がぼろぼろになって腐っていたり、菌がわいていたりすることもあります。

特に前歯の差し歯が取れたときに、とりあえず元に戻して使ってしまいがちですが、速やかに歯科医院に向かうべきでしょう。


【歯や顎が痛み出して急激に冷やしてみた】

口があきにくくなったり、急に口を開けると顎の付近が痛みだしたりする顎関節症が発症することは誰にでも起こりえます。
そんなときに痛みを和らげようとして痛い部分を冷やしてしまう方がいますが、これもNG。
ますます血行が悪くなり痛みがひくどころか増してくることがあります。
筋肉の凝りから、顎関節症になってあごに痛みが出ているときは少し温めたり、ゆっくりお風呂につかるのも効果的ですが、他の原因から顎が痛みだしている場合があるのでまずは専門医に相談がいいでしょう。
歯の痛みや歯茎の腫れが出たときにも、急激に冷やすと症状が悪化してますます痛みが増すこともあります。


【入れ歯が痛い~少し自分で調整してみた】

入れ歯を使っていると、少し合わなくなってきたり、入れ歯のバネの部分が食い込んできたりと何かと不調が出てくるものです。
歯茎も経年的に変化し、痩せてくるので、作った入れ歯もだんだん合わなくなってくることがあります。
そんな時、家のペンチでバネを少し調整してみたり、やすりで自身で削ってしまう方がしばしば、、、。しかしこれこそ絶対NG。
入れ歯のバネは金属でできている為、繰り返し曲げ直しをすることで金属が劣化し折れやすくなってしまいます。
バネは何度も何度も曲げ直しできないので、専門家にお任せしましょう。

また、入れ歯の間違った場所を調整して削ってしまうことで、より適合が悪くなり他の歯や歯茎に負担をかけてしまうことになりかねません。


【歯がしみる~とにかくよく歯を磨いてみた】

歯がしみるとなったら<むし歯かもしれない>と思いがちです。
以前より一層歯磨きを念入りにやってみたり、強くゴシゴシ磨いてみたり試行錯誤するものなのですがまずは歯がしみる原因を突き止める必要があります。
むし歯以外にも、知覚過敏や歯ぎしりが原因で歯がしみていたり、酸蝕症といって歯が溶けやすい状態にあることなども考えられます。
こんな場合逆に歯を磨きすぎていることが症状を悪化させることにつながりかねません。

正しい歯の磨き方を教わるのと同時に、歯がしみている原因を突き止める必要があります。


【定期的に痛みが出る歯があるので痛みどめを飲んでみた】

歯や歯茎に痛みが出るたびに痛みどめを飲んでしのいでいる人をしばしば見かけます。
しかし、歯の痛みは原因を取り除かない限り根本的に改善するのは不可能である場合が多いものです。
痛みどめは飲み続けることで体が慣れてしまい効きにくくなります。
また、薬は基本的には腎臓や肝臓で代謝されるので、これらにも負担をかけ続けていることになります。

痛みどめに頼り続けるのは百害あって一利なしです。

 





1024-cc-library010007260

 

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)