なにげなく行った検診で「さらに詳しい検査が必要」なんて言われたら・・・。日本における子宮頸がん患者の特徴は、罹患年齢が低年齢化しています。そして子宮がん(特に子宮頸がん)といた女性特有のがんは、 30代でも発症してもおかしくない年齢、と言われています。 従って、女性は当たり前に子宮がんの検査を受けるべきと言えます。子宮頸がんは、定期的に検査を受ければ早期発見により100%完治が可能な病気なのです。

◆子宮がんとは?

子宮がんは、がん細胞の発生部位によって、子宮頸がんと子宮体がんの2種類に分類されます。子宮頸がんの発生部位は子宮頸部に発生、子宮体がんは子宮体部に発生します。2つのがんはまったく種類が違うものなのです。しかし、どちらもほうっておけば骨盤、腹部リンパ節などに転移し、やがては全身に転移してしまいます。

◆子宮頸がんの原因って?

子宮頸がんの原因は“ヒトパピローマウィルス(HPV)”の感染と判明しています。HPVは性行為(セックス)によって感染し、性交渉の経験がある女性なら半分以上は このHPVに感染するとも言われています。
普通、HPVは一過性感染で消失するようですが、持続感染すると子宮頸部の細胞が異形性を起こし、がん化すると言われています。 現在では、HPV感染から10年以上の時間を経て細胞ががん化すると言われています。つまり、子宮頸がんのリスクは、発症の10年以上も前から持っているといっても過言ではないのです。

◆子宮頸がんになりやすい年齢は?

乳がん同様、40代以降が好発年齢と言われていましたが、冒頭にも述べたように、 近年は子宮頸がんの罹患年齢が低年齢化しています。 原因は、セックス経験の低年齢化があげられます。 30代になったら年に一度は細胞診の検査を受けるように心がけましょう。

◆子宮頸がんの症状って?

子宮頸がんの症状は性交後出血や不正出血など、生理以外の出血により見つかる場合が多いようです。
が、子宮頸がんは、初期は無症状です。そのため、症状に気付いてから病院にかかったのではすでにリンパ節に転移していたり、 子宮全摘を余儀なくされたり、最悪の場合、手遅れになる場合も少なくはありません。
「無症状=安心」ではありません。知らず知らずのうちに、がんは進行してしまいます。 症状がなくても、定期的に検診を受けましょう。

◆どんな検査を受ければいいの?

【細胞診検査】

子宮頸がんの検査で最も代表的でスタンダードな検査です。
子宮頸部の表面を綿棒のようなもので擦り取り、異形細胞があるかどうかを調べる検査です。

【HPV検査】

HPVに感染していないかどうかを調べる検査です。
結果が陽性(HPVに感染している)だと、将来的に子宮頸がんになる可能性がある、ということがわかる検査です。しかし、陽性=子宮頸がんになる、というわけではありません。
細胞診検査を並行して、定期的に受けて行きましょう。 一般の病院では婦人科で、その他、健診センターなどで行っています。 近年では、キットを郵送してもらい、自分で採取して返送して行う自己検査もあります。

【子宮頸がんのワクチン接種について】

子宮頸がん予防ワクチンは、がん化しやすいタイプのHPV(16型、18型)感染を予防するワクチンです。
日本では、2009年10月に一般の医療機関で接種が可能になりました。 対象年齢は「サーバリックス」は10歳以上、「ガーダシル」は9歳以上。上限はありませんが、年齢が若いほど効果があり、効果が期待出来るのは40歳位までと言われています。ワクチン接種は半年に1回、合計3回の投与が必要です。 費用は、医療機関によって異なりますが、だいたい4~5万円前後です。 (ただし、多くの自治体で中高生への接種で助成金が出るようです)。しかし、このワクチンは、子宮頸癌そのものを予防するワクチンではありません。HPV 16型と 18型の感染を防ぐことができますが、その他のHPVの感染は防げないし、すでにHPVに感染している状態では効果はありません。また、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまでワクチン接種後の16型と18型のHPV感染を防ぐものです。 従って、ワクチン接種を行っても、定期的な細胞診検査は必要です。すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。ワクチン接種を行っても、定期的な細胞診検査は必要です。また、最近、ワクチン接種後に激しい副作用が出たという報告もあり、ニュースでも かなり取り上げられています。ワクチン接種を受けるかどうかは本人あるいは親の判断に委ねられているところも大きいので、よくよく調べ、考えた上で、判断してください。

注 ・・・ これは、2014年1月現在の情報です。今後、どんどん進歩していくと思われますので、ご注意ください。

◆子宮体がんについて

子宮体がんは、子宮の内膜ががん化する病気で、頸がんとはまったく異なります。 女性ホルモンの関係で発生すると言われているものの、まだあまり解明されてはいません。 好発年齢は頸がんよりも高く、閉経を迎えた50代・60代が多いと言われています。 体がんは、頸がんよりもさらに発見が難しいと言われ、手遅れになることも少なくはありません。 頸がんも体がんも、症状がなくても定期的に検査を受けて、早期発見をしてもらうことが大事です。それらを知ったうえで、是非とも多くの女性が健診を受けて欲しいと願っています。

女性専用クリニック

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)