毎年、夏がくると脱水症による救急搬送や死亡の事故が相次ぎます。
体内から体液が失われた状態のことを「脱水症」といい、脱水症では単に体から水分が失われるだけでなく、体の機能を維持するために不可欠な電解質までも失われています。
脱水症は体に大きなダメージをもたらします。



【生命維持に欠かせない水分】

わたしたちの体の60%は水分によって構成されています。
水分は通常は血液や細胞の間などに蓄えられていて、体の各部に酸素や栄養を運ぶための媒体となったり、汗や尿となり不要なものや有害なものを体外に排出したりと、生命を維持するために重要な働きをしています。
そして、わたしたちの体内水分量は常に一定量に保たれるように調整されています。
成人の体内は約60%の水分で構成されていますが、子どもの場合は年齢が低いほど体内の水分比率は多くなります。新生児や赤ちゃんなどの乳幼児では、体の約80%が水分。
水分量が多い分、普段よりも多く汗をかいたり水分摂取量が減るだけで脱水状態に陥りやすいため、注意しなければなりません。
一方で、高齢者は逆に水分比率が約50%と低いです。食欲の減退や加齢による味覚の変化により、水分摂取量が少なくなりがちで、「のどが渇いた」という自覚症状も感じにくくなっています。
高齢者の場合は特に脱水症が命に関わる場合も多いので、季節を問わず、こまめな水分補給が重要となります。


【脱水症はなぜ体に悪いの?】

体液に含まれる水分と電解質は、生命の維持に不可欠な働きをしています。
その体液が脱水症で失われると、体にさまざまなトラブルが生じます。
まず体から水分が失われると、それだけ血液の量が減るため、血液がドロドロとなり、全身に迅速に栄養分や酸素を送ることができなくなります。
また、血液量の減少により血圧も低くなるため、臓器を巡る血液量が減り、不要な老廃物を排泄したりする能力が落ち、体内に老廃物が溜まっていきます。
さらに、脳への血流が減ると集中力が低下、消化管への血流が減ると食欲不振も起こります。
脱水では水分だけでなく電解質も同時に失われていきますが、そうなると体内の電解質の濃度が薄くなり、脚がつったり、しびれや脱力が起こったりと、神経や筋肉に悪い影響がでてきます。


【脱水症状を見逃さないで!】

脱水症状の症状はさまざま。程度によってその症状も変化し、最悪の場合は命を落とすこともあります。
脱水症状の症状を良く知っておくことはとても大切。少しでも違和感を感じたら脱水症を疑いましょう。

◆軽度の症状

・喉が渇く
・排尿量が低下する
・舌が乾燥する

軽度の脱水症では、体重が4%程度まで減少することがあります。
基本的に自覚していないことが多く、見た目にもわからないため、本人の気付きが1番の早期発見方法。知らない間に軽度の脱水症は進んでいくため、「かくれ脱水」とも呼ばれています。

◆中等度の症状

・喉の渇きを強く感じる
・全身倦怠感
・めまい、立ちくらみ
・頭痛
・嘔吐
・食欲不振
・眠気
・頻脈

中度の脱水では明らかに普段とは違う体の変化がありますが、単なる体調不良と勘違いしてそのままにしておく場合も多く、危険です。
間違った対処法により脱水症を進行させてしまう場合もあるため、異変を感じたら速やかに医療機関で治療を受けましょう。

◆重度の症状

・意識朦朧、失神
・痙攣
・血圧低下

重度の症状ではこれらの症状が見られ、重篤な状態です。早急に医療機関への受信が必要で、入院となる場合もあります。
体重も10%以上減少し、生命維持に大きなリスクを抱えた状態と言えるでしょう。


【脱水症対策】

脱水症には、低張性脱水・等張性脱水・高張性脱水の3つの種類があり、夏に多い水の摂取不足や高度発汗などにより起こるのは高張性脱水。
口渇、乏尿、舌乾燥、疲労感、精神障害などが代表的な症状です。

脱水症では、水分だけ補給するのではなく、塩分と糖分も適切に補う必要があります。
軽症であれば、スポーツドリンクなど、電解質を含んだ水分を経口摂取するのが1番の対処法となります。

嘔吐が続いていたり、意識が朦朧としている場合には重度の脱水症が考えられるのですぐに救急車を呼びましょう。
また、赤ちゃんや小さなお子さんにも安易にスポーツドリンクは飲ませず、医師の指示を仰ぐのが適切です。


脱水症は、赤ちゃんから高齢者まで、どの年代でも起こり得る病気であり、命にも関わります。
特に夏は汗などによって自分でも気付かないうちに水分が体内から抜けていきます。

大袈裟かな?と思うくらいの脱水予防策がベスト。体を適切に冷やし、こまめに水分を摂るよう心がけましょう。






LISA78_drinkumauma20141018103501-thumb-815xauto-17987

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)