デスクワークの方も、外回りの方も、立ち仕事の方も!女性であれば足のむくみって気になりますよね。Minの場合、やたらと左足だけむくむのですが、飲んだ次の日なんかもう…悲惨です。

メディキュットを履いても、リンパマッサージをしても、なかなか解消しきらない足のむくみ問題。とはいえ放っておくと下半身太りの原因になってしまうのだとか。これはなんとかしたいものですよね…!
今回は、日頃から実践できる、オフィスでのむくみ解消方法をご紹介していきたいと思います。

◆どうしてふくらはぎがむくむの?

一般的に、ふくらはぎがむくむのは、同じ姿勢でいること、冷え性、塩分のとりすぎが原因だと言われています。その他にも、内臓疾患など病気が原因となってむくむこともあるので、症状が続くようであれば注意しましょう。

・長時間同じ姿勢でいる

座りっぱなしや立ちっぱなし、長時間同じ姿勢でいることで、第二の心臓とも言われるふくらはぎの運動量が減り、ポンプの役割を果たす筋肉の収縮運動がされないため、血液やリンパの流れが滞りやすくなります。

・冷え性

そもそも、血行が悪いとむくみは起こります。血行不良によって起こる冷え性は、足先の血管まで血液をうまく運ぶことができないため、更にむくみの原因となります。

・塩分のとりすぎ

血中の濃度が塩分によって濃くなることによって、血液の流れが悪くなります。塩分には水分を抱え込む性質があるため、とりすぎると余分な水分をうまく排出することができなくなってしまうのです。

◆オフィスでできるむくみ解消方法

今すぐにでも実践できる!むくみの解消方法5つをご紹介していきたいと思います。

・水分を1日2リットル程度とる

むくんでいるからと水分をとらないでいると、古く余分となった水分が滞ってしまいます。水分代謝を上げるためにも1日2リットル程度のミネラルウォーターを摂取しましょう。
これからの季節は、特に体を冷やさないためにも、常温か白湯のミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

・足を腰よりも高い位置に上げる

座っている姿勢が長く続く場合は、こまめに腰よりも高い位置に足を上げることで、むくみの解消に繋がります。仕事中は難しいようでも休憩時間など、椅子を使って足を高くすると良いでしょう。

・つまさきとかかとを交互に上げる

座ったままの状態でつま先立ちの足の状態と、逆につま先を上げてかかとをつけた状態を交互に繰り返してみましょう。こまめに足先を動かすことによって、足の運動量を増やし、滞っている血流を促します。

・あごを引いた正しい姿勢で仕事をする

無意識にあごを上げた状態で仕事をしていませんか?あごを引くことで背骨が真っすぐ伸び、正しい姿勢を保つことができます。意外とあごって無意識に上がっています。
気付いた時にでもすっとあごを引くようにしてみましょう。

・着圧ストッキングを履く

足首やふくらはぎに圧力をかけてくれるストッキングを活用するのもむくみの解消に繋がります。今時、メディキュットのデイバージョンもありますし、使ってみることをオススメします!

気をつけて注意していても、勝手にむくみって起こるんですよね…。だからといって放っておくと、むくみって足が痛くなってきます。冒頭でお伝えしたように下半身太りの原因ともなります。
そうならないためにも、日頃からこまめにむくみを解消していきたいものですよね!



dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)