「いびき」というのは自分では聞こえないのでなかなかわかりづらいもの。でも、誰かに聞かれてしまったら恥ずかしいですね。まして、大好きな人と初めてのお泊りなんてときに「私のいびき」を聞かせてしまったらと思ったら・・・・・


何とかして、治す方法はないのでしょうか。


「いびき」

いびきというのは、息がノドをとおるときの振動音です。起きているときには音はしませんが、寝ると舌のつけ根が奥へ下がり、そのまわりの筋肉もゆるむため、ノドが狭くなります。すると息をするとき、ノドの周囲の粘膜などがふるえて音が出るのです。とくに口で呼吸をすると、大きな音が出やすくなります。

女性は男性に比べていびきをかきにくいようです。これは女性ホルモンが上気道を支える役割があるためということです。でも、加齢などによって女性ホルモンが減ってしまうと上気道の筋肉が衰えて支える力もなくなってしまいます。


「いびき」って自分で気づきますか

いびきをかいているかどうか、自分ではなかなかわからないですね。いびきをかいていると口呼吸と酸素不足が起こっています。その為、朝起きたときに、やけにノドが乾いている人はその可能性があると言っていいでしょう。 

いびきをかいているかどうか確かめるアプリもあるようです。一度利用してみるのもいいかもしれませんね。


「女性のいびきの原因」

・太ることでのどの内部に脂肪がつく
・年齢に伴ってのどの筋肉が衰える
・扁桃や口蓋垂が大きすぎる
・鼻づまりなどのせいで口呼吸になっている
・アルコールや睡眠薬の影響で筋肉が緩む
・枕の高さがあっていない


「いびきをかかないようにするためには」

一番大切なことは「口呼吸をやめる」こと。とはいうものの、寝ている間のことをどうしたらいいのと言う話ですね。いびき矯正用の口を留めるテープなどもあるので使ってみるのもいいでしょう。

寝るときの姿勢も大切です。なるべく横を向いて寝るようにしてみましょう。いびきをかいている人を見ると圧倒的に仰向けで寝ている人が多いようです。仰向けに寝るとあごが上がって空気を多く吸い込みやすくなるので、舌がのど元に落ち込んでしまって上気道がふさがりがちになり、ますます狭くなってしまうのです。

肥満も大敵。上気道が脂肪によって圧迫されがちなのでいびきをかきやすくなります。肥満は健康にもよくありません。すぐにダイエットに取り組んでみましょう。

また、普段使っている枕の高さはどうでしょう。高すぎたり、低すぎたりしても気道を圧迫して呼吸がしにくくなります。鼻が詰まっていて口呼吸になってしまう場合は、鼻腔拡張グッズも色々と出ています。自分に合った物を探してみて下さい。


「女性のいびきにも睡眠時無呼吸症」

男性のいびきと合わせてよく聞くのが「睡眠時無呼吸症」。男性の場合と違って、女性は不眠症、起床時の頭痛、疲労感、集中力低下、イライラ感、うつや不安症状などが多く、睡眠時無呼吸症を持つ女性の5人に1人は不眠症を訴えます。そのために、「うつ」、「不安神経症」、「更年期障害」などの診断で間違った治療を受けてしまうことが少なくないと2005年に報告されているそうです。病院を受診しても「更年期障害」と間違った診断を受けてしまう事もあるようです。いびきをかいていてこのような症状がある方は一度専門的に調べてもらうといいかもしれませんね。

「いびきの治療」

傷みが少ないレーザーでいびき治療を保険診療で受けられる病院もあります。口蓋垂とその周辺部を切除し、糸で縫い上げることで上気道を広くしいびきを解消します。睡眠時に舌が落ち込みにくく、のどに脂肪がつきにくい体質も持つ女性における「いびき」の解決方法として非常に効果的なのだそうです。

あまりにもひどく悩んでいる女性には選択肢の一つだと思います。
「女性のいびき」というのは、悩みの種。原因から見直していびきをかかずに静かな夜を過ごせるとイイですね。





女子14

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)