背中に吹き出物がいっぱい。こういう人って、けっこうたくさんいるんですよ。自分で背中を確認できないのであれば、手で触ってみてください。ぶつぶつする感触があったら、すでに吹き出物ができているということになります。そのぶつぶつの原因は、「角栓」ですから早くケアしたいものですね。


●背中の吹き出物のできる原因

背中に角栓ができる理由ですが、背中にも顔と同様にTゾーンがあります。背中Tの字を書いた部分となる、両肩を結ぶ横ラインと背骨に沿った縦ラインのことですが、ここは、顔のTゾーン同様に皮脂分泌が盛んで、さらに入浴時に洗い漏れが起こりやすい部分になりますから、皮脂と古い角質が混ざり毛穴が詰まってしまうわけですね。


●吹き出物の解消法

背中の吹き出物の解消法ですが、以下のようなものがあります。

①脂腺性毛包を清潔にする
ニキビは皮脂の分泌が盛んな脂腺性毛包という毛穴周りにできやすいものになります。この脂腺性毛包は顔や胸、背中に多く、ここを清潔に保つことが大切です。清潔とは、当然のことながらしっかりと洗うということですね。きれいに洗っているつもりでも、ここに角栓ができるということは、キレイに洗えていないということになりますよ。また、入浴の順番を見直しましょう。お風呂に入ってすぐに体を洗うのはNGです。まずお湯で体を流してから湯船につかります。こうすると皮膚が柔らかくなりますし毛穴も開くので、洗った時に汚れもしっかりと落ちるようになります。

②ピーリング化粧水
入浴後など皮膚が清潔な状態のときに、ピーリング要素(AHAなど)が入った化粧水を背中にスプレーしましょう。保湿対策にもなります。洗浄力の強いボディソープの場合、皮脂を摂り過ぎてしまい皮膚のバリア機能が壊されてしまいます。バリア機能が壊れてしまうと、体内から水分を逃がさないようさらに皮脂を分泌することになります。こうなるとニキビができてしまうのはわかりますね。


●予防していこう!

背中の角栓をきれいにすることができたのなら、角栓が再びできないように予防をしっかりと行ってください。予防は何よりも清潔に肌を保つことですね。日中に大量に「汗をかいたのであれば、汗をふき取るシートなどで背中を拭きましょう。夜まで待っているのはよくありません。さらに入浴の際も、背中にボディソープの洗い残しがあると角栓の原因にもつながりますからね。


●さいごに

肌の敵の中に「紫外線」があります。紫外線にあたると体内に活性酸素が発生し、ニキビの原因を作ってしまいますから、背中が紫外線に当たらないような服装にするといいと思います。また自己流ではなく、プロの力を借りてもいいでしょう。例えば、エステサロンに行って背中エステをするということ。もちろん、医者に診てもらうのもいいですね。皮膚科に行って背中の吹き出物を相談してください。

・ビタミン剤の処方
・塗り薬の処方
・抗生剤の処方

などの処置がされると思いますが、専門医のもとでの治療なので、より確実ですね。ちなみに、角栓を落とそうとお風呂でゴシゴシ洗ってしまう人がいますが、皮膚をゴシゴシ洗うのはよくありません。乾燥肌になりますし、余計に吹き出物を悪化させてしまう可能性が出てきます。背中を洗う時も、顔を同様に優しくあらうようにしましょう。お肌はデリケートですからね。皮膚は「優しく洗う」がポイントです。




bedddd6cf05056bd211b18caab178d33_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)