交通機関が乱れるほどの雪が降り、まだまだ寒い日々が続きますが花粉症のシーズンは、すぐそこまで迫っています。スギ花粉は九州や関東では1月下旬、関西では2月上旬くらいから飛び始めます。花粉症の症状をよく知って正しく対策し花粉症を乗り切りましょう。


<花粉症の症状のいろいろ>

くしゃみ、鼻水、鼻ずまり、目のかゆみは、花粉症の症状としては、代表的なものですが、最近は、花粉症皮膚炎に悩む方が多くみられます。花粉症皮膚炎とは、花粉が皮膚につくことにより症状が引き起こされる皮膚炎です。
顔・眼の周囲や首などに発症します。赤くなりかゆみを伴い腫れがひどく出ることもあります。アトピー性皮膚炎を持つ方に多く発症する傾向にあるのと女性の方が好発傾向にあるようです。
花粉によるアレルギー反応で起きる症状のため、抗アレルギー剤の服用、保湿剤やステロイド剤の外用剤の塗布をします。皮膚に花粉が付かないような対策をすることも重要です。外出時は皮膚の露出部を少なくするようにしましょう。マスクやスカーフなどの利用で顔や首に花粉がつかないような工夫をするよう心がけてください。


<ある日突然、花粉症になる!?>

花粉症では、花粉がアレルギー症状を誘発する物質のアレルゲンです。アレルゲンが閾値という一定の量を越えるとアレルギー反応のスイッチが入り発症してしまいます。これをコップの水に例えるとコップに水を注ぎ続けると溢れるように私たちの体がアレルゲンである花粉に触れる続け溢れた時に花粉症を発症するのです。
もし、今年に花粉が閾値を超えると昨年まで花粉症がなかった人が、突然に今年から花粉症になるということも起きます。ですので現在、花粉症がない人も花粉に触れないようにすることが大切です。


<花粉症対策のいろいろ>

・初期療法

花粉が飛散する3〜4週間位前から予防的に抗アレルギー薬などの服用を始め、症状の悪化を防ぎます。アレルギー反応は、一度症状が強く出るとアレルギーの原因となるアレルゲンに敏感に反応してしまので早めに薬を服用する事で花粉症の発症を遅らせ、シーズン中の症状もより軽くする事が出来ます。適正開始時期は、まさに今の1月−2月ですね。

・手術療法

アレルギー症状を起こす鼻の粘膜の一部を手術で除去したり、レーザー照射することにより症状を抑えます。手術をいつ受けるかは医師と相談の上で決めます。

・減感作療法

低濃度で少量のアレルゲンを投与し、少しずつ量を増やしていくことによりアレルゲンへの反応を減少させる治療法です。減感作療法、従来は皮下注射による方法だけでしたが、2014年10月からはスギ花粉の舌下免疫療法が保険適応となりました。 適正開始時期は、6月−11月です。


<まとめ>

国民の4人に1人が花粉症という花粉症大国日本。厚生省が花粉症について情報を公開しているのをご存知でしょうか?花粉症の症状、対策、治療法など詳しい情報がありますので参考にしてみてはいかがでしょうか?




95c39f5525d66d932f56ec075481cc33_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)