冷え性にとって、寒い冬は地獄のような季節です。夏でも冷えて辛い手足が、凍ったように感じるこの季節、みなさんはどうやって乗り切っているのでしょうか?適切な対処でこの冬を乗り切りましょう。


【改善する前に冷えの原因を知っておこう】

冷え性の一番の原因は≪血流の悪さ≫です。血液がドロドロだったり自律神経が乱れたりすると、血の巡りが悪くなり、心臓から一番遠い位置にある手足の先に状態の良い血が流れていかなくなってしまうため、冷えてしまうんです。ということは、血流をよくすれば冷え性は改善されるということ。冷え性は治る病気なのです。


【冷え性によるリスク】

冷え性は、普段の生活にも悪影響を与えます。筋肉への血液の供給が滞るため肩こりや腰痛などの痛みを引き起こしたり、偏頭痛や耳鳴りの原因となることもあります。月経時には、子宮の収縮がうまくいかなくなり、月経痛がひどくなるのも冷え性から起因する代表的なトラブルの一つです。
しかし、重大な問題は、体の痛みや月経痛だけではありません。女性の大仕事、妊娠にも多大な影響があるのです。冷え性が続くと体の機能が低下し、ホルモンバランスが崩れた状態となり妊娠しにくい体となります。また、運よく妊娠できても子供を妊娠しお腹の中で育てるためには、体内の体温を一定に保つ必要があるのですが、冷え性にはそれができないため、子供が育ちにくいため、流産をしやすくなるという傾向もあるくらいです。子供をもちたいと思う人は、若いうちに冷え性改善を目指しておきましょう。


【食べ物からのアプローチで冷えを改善!】

冷え性の対処として体温をあげる、というのがあります。冷たい食べ物や飲み物ではなく、温かいものを体内に取り入れることで、一時的に体温が上がり、冷えのつらさを緩和させてくれるでしょう。また、冷え性を改善してくれる食事療法は、食べ物の温度だけではありません。にんじんやかぼちゃ、玉ねぎなどの根菜類はビタミンが多く含まれ、体の血行を改善し、代謝をあげてくれる効果が期待できます。血行が改善されれば、手足の先にたまった冷えた血液が解消されますので、結果的に冷え性の改善につながるのです。


【血行を良くするためにもお風呂にはゆっくり浸かる】

シャワーで済ませず、お風呂にゆっくり入るようにすると体温が上がります。人間、熱を持つと内臓の働きが活発化しますので、代謝が上がり血流が少しだけよくなるのです。また、その状態の時にマッサージをすることで、手足の先に新しい血を送り込むことが出来ますので、夜の布団が辛い人は寝る直前に入浴し、マッサージで血行をよくしてから布団に入ると良いでしょう。ただ、入浴は対処療法にしかなりえません。冷え性の根本的な改善ではありませんので、どうしても辛い時の手段だと思っておきましょう。


【冷え性の根治には生活改善が重要】

冷え性を克服しようと思うのであれば、普段の生活を見直す必要が出てきます。先述したように、冷え性は血流の悪さから来ていますので、自分の体がしっかり血を送り出す力をつけなければ完治とは言えないからです。適度な運動、規則正しい生活、バランスの良い食事、この3点セットに気を付けて生活するのが理想ですね。「そんなこと言っても忙しいし無理!」という声が聞こえてきそうですが、普段の生活の中でほんの少しだけ気を付ければいいだけなので、難しく考えすぎないでくださいね。
エスカレーターに乗るところを階段にする、車ばかりでなくちょっとだけでも歩く、朝食はきちんととる、脂っこいものやスナック菓子は避け、野菜をしっかりとる、たったこれだけでも効果を実感することが出来るはずです。また、骨盤の位置がずれていたり骨にゆがみが生じていたりしても血行が悪くなることもありますので整体に行くのもアリかもしれません。つらい症状の冷え性、耐えるよりも戦って改善していきたいものですね!




coffee-1154102_960_720
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)