春から幼稚園や保育園に入園する予定の方は楽しみな気持ち半分と不安な気持ちもあると思います。同じ年齢の子どもがたくさん集まるため、子どもが受ける刺激はかなり大きいものです。今まであまり言葉が出てこなかった子どもが幼稚園や保育園に行くようになって突然言葉が湧き出すように喋りだす、というのはよく聞く話でもあります。

ところが、そのようないい刺激の半面、病気になりやすいという悪い影響もあります。どんなに手洗いやうがいをしても、咳や鼻水を始め、いろいろな病気の原因が幼稚園や保育園には蔓延しています。では、それらの病気の兆候が自分の子どもに出たらすぐわかりますか。初期症状で気づくことができれば、早く病院に行くこともでき、幼稚園や保育園でのさらなる感染拡大も防ぐことができます。


<溶連菌>

正しくは溶血性連鎖球菌と言います。のどが痛くなるのが一般的ですが、いわゆる普通の風邪でものどは痛くなります。さらに、子どもは「のどが痛い」と訴えることが難しいようなので、わかりにくい症状でもあります。溶連菌と判断する代表的な症状は発熱、特に突然の38℃以上の高熱と、背中やお腹、手足に小さな紅い発疹が出てかゆがります。また舌に一度のようなツブツブができることもあります。これらの症状が疑われた場合は溶連菌の可能性が高いので、小児科で検査をしてもらいましょう。検査の仕方はのどについた最近を検査しますが、結果はすぐでます。
もし溶連菌だった場合は抗生物質を処方され、症状が落ち着いても飲み続けるように指導されると思います。その理由は腎臓にやリウマチ熱などの合併症を引き起こすためと言われています。また、感染力が強いので、大人や兄弟への感染も疑われます。そのため、感染がわかったら家族みんなで感染の有無を確認する検査を受けておくことをおすすめします。


<胃腸炎>

冬に流行るウイルス性の胃腸炎。おう吐や下痢など大人でもつらい症状のため、子どもがかかると脱水症状など心配な病気です。初期症状は倦怠感などが挙げられているようですが、子どもが自分から倦怠感を訴えてくることはとても難しいと思います。
また、胃腸炎も感染力が高いため、家族にうつる可能性もとても高いので、吐いた後のものを片づける時はマスクや手袋などを徹底して片づけるようにしましょう。と言っても、子どもがいるとそんなものを取りにいけないよ、泣いている子どもはどうするの?と思いますよね。そんな時はまず、吐いたものに新聞紙をかぶせておきましょう。吐いたものを踏んだり吸い込んだりしないためです。もちろん一時的なものなので、そのあとはマスクや手袋などの完全防備をして片づけるようにしましょう。


<水いぼ>

水いぼは、子どもに多いウイルス性の感染症です。よくプールでうつると聞きますが、それだけではなく子ども同士の皮膚の接触やタオルを介してうつってしまうようです。また、治療に関しても自然に抗体ができて治るためしなくてもいい、という説と積極的に治療した方がいいという説があるようです。ただ、幼稚園や保育園など子どもが集まる場所に通っている以上、他のお友達にうつしてしまうリスクがあるため治療の必要があると考えます。治療は皮膚科でピンセットを使って行いますが、痛くないように貼るだけの麻酔テープをくれるところもあるので、皮膚科で聞いてみましょう。また、出席停止に関しては幼稚園、保育園、通っているスイミングスクールによっても違うようなので各施設に問い合わせてから通園するようにしましょう。


<RSウイルス>

2歳までの子どもが100%かかるといわれている、呼吸器系に感染するウイルスですが、症状は風邪のように鼻水や咳、発熱です。1度かかったらもうかからない、という病気ではなく、何度もかかって少しずつ免疫ができるようになるようです。100%の子どもがかかるとはいえ、1歳未満特に成語6か月以内の乳児がかかると重症化しやすいので、注意が必要です。また、このRSウイルスには抗生物質がないため、咳や鼻水、熱に対する対症療法のみとなります。


<ヘルパンギーナ>

夏の代表的な感染症です。症状は発熱と口の中からのどちんこにかけてできる水疱です。1~4歳の感染が多いのですが、ヘルパンギーナを引き起こすウイルスは数種類あるので何度も感染する可能性があります。
咳やくしゃみや同じタオルを使うことでうつるので、手洗いやうがいを徹底することが大切です。また、口の中に複数水疱ができるので、ものを飲み込むと激痛です。そのため、子どもは食べるのも水を飲むことも嫌がります。脱水症状を起こしやすくなるので、食べてくれるものなら治るまではなんでもOKにしましょう。ゼリーやプリンなど飲み込みやすいものの中で子どもが食べてくれるものをそろえておきましょう。


どの病気も初期症状だけでその病気を疑うのはドクターではない私たちにとってはとても難しいです。でも、今幼稚園や保育園で流行っている病気を把握したり、同じクラスのお友達が休んでいたり、いつもと比べてここがこう違うといった様子がわかるのは私たち両親だけです。大切なのは「いつもと違う」ということに敏感になることです。
そして、少しでも違和感を覚えたら相談できる小児科の先生を見つけておくことです。放っておいて治るということはない、と考えて、重大な病気に繋がらないように気を付けましょう。


kids-978181_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)