「緑内障」。「白内障」と違うの?そういえば、どちらも聞くけれどどんな病気なのかしら。高齢者だけがかかる病気ではないのです。40歳を過ぎたら誰しもかかる可能性のある病気です。知らないうちに進み、最悪の場合には視力を失ってしまうこともあるのです。検査をきちんと受けていれば早いうちに発見出来ていれば、治療することも出来ますね。「緑内障」について知っておきましょう。


「緑内障」とは・・・・

視神経に異常が起こり、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなって画像を認識できなくなり、視野や視力に障害が起こる病気です。日本での失明原因第1位の病気です。患者数も多く、40歳以上では20人に1人の割合で患者さんがいるという報告もあります。

・症状
慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。典型的な症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損ですが、普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いのです。異常に気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。しかし、一度失われた部分の視力は元に戻すことはできないので、早期に発見して、早いうちから治療を開始して病気の進行を遅らせることが、その後の生活においてとても重要になります。

(出典:Eye Life)


「緑内障」の検査

・眼圧検査 眼球を外から押して、押し返す力を測ります。
・眼底検査 瞳から光を通して、目の奥(眼底)の状態を調べます。
・視野検査 光の点が見えたらボタンを押すなどの方法で、見える範囲や敏感さを調べます。
・画像検査 目の中の網膜の断面図を見ることが出来ます。

40歳を過ぎたら定期検診を受けることが何より大切です。緑内障を診断されたら点眼薬による治療が基本となります。早期に発見されれば多くの場合、失明に至ることはありません。検査費用は病院により異なりますが、5,000円~8,000円くらいと考えておくとよいでしょう。


「緑内障」の治療

緑内障は眼圧が高くなることで、目の神経に障害を生じて、視野がかけていく病気です。視神経は、一度障害を受けると二度と元には戻りません。その為、緑内障の基本的な治療は眼圧を下げることです。緑内障は治療をして治る病気ではありません。一生管理が必要となります。点眼や内服などの薬、レーザー治療、手術などを用いて一生管理していくこととなります。


「緑内障」になってしまったら・・・

・規則正しい生活をする

●コーヒーを1日に10杯以上のむなど、極端なことは避けてください。
●できるだけ眼を使わないようにするのではなく、無理をしないで、疲れたら眼を休ませましょう。
●バランスのよい食事を摂りましょう。
●暴飲暴食、夜ふかしなど、不摂生な生活はやめましょう。
●ストレスを溜めないようにしましょう


せっかくの機会なので・・・・

「白内障」って?

白内障は、目の水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。白内障の多くは加齢によるもので、老人性白内
障(加齢白内障)といわれています。老人性白内障は白内障患者の7割以上を占めますが、他にも先天性や外傷性、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線による白内障もあります。


目の病気は若いうちはあまり意識することがありません。でも、加齢に伴い様々な病気が発症するようです。体の健康とともに目の健康もとても大切ですね。特に「緑内障」に関しては早期発見、早期治療することが何より重要となります。眼科に行く機会はあまりありませんが、一度足を運んで検査を受けてみてはいかがでしょうか。




eye-1236389_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)