女性の皆さんは、健康や美容についてかなり細かいところまで知識を持ってらっしゃる方が多いように思います。それは、今後のことを考えてもすごくいいことなので続けていただきたいと思います。では、そんな皆さんは口の中についてどれくらい知ってますか?これを聞くと、知識がほぼないという方が急増します。その理由の1つが、口の変化で特に感じる体の変化がないからというのも1つの理由かもしれませんね。今回は、口の中の歯周病と関係する生活習慣病と歯周病予防をお伝えします。


■歯周病

成人の8割が罹患していると言われる歯周病。歯周病には唾液が大きく関係してきます。唾液が少なくなることで、食べかすが口に残りやすくなり、歯垢や歯石が付きやすくなります。その歯垢や歯石が歯周病菌の住処になります。そうすることで、口の中が中世付近で保たれていたものが、酸性に傾くようになり、歯周病菌が繁殖しやすくなり歯周病となります。


■糖尿病

歯周病菌は炎症を起こして、歯を支えている歯肉から血管に入り込みます。この歯周病菌が血液中に入ることで、膵臓から分泌されるインスリンの血糖値を下げる効果を下げてしまうのです。そのため、歯周病により糖尿病になりやすくなります。血糖が高い状態になりやすくなるため、血液で作られる唾液の中に糖分が含まれて分泌されてしまいます。また、糖尿病では過剰な糖分を尿でも排泄するようになり、脱水状態になり口の中が乾燥し始めます。口の乾燥により口の中の唾液量も減少していき細菌の増殖が高まります。結果、さらに歯周病と糖尿病を悪化させる連鎖が出来上がります。


■動脈硬化

こちらも、歯周病菌が歯肉から血管に入り込み動脈硬化を誘導する物質が出てきます。この物質により血管の壁を狭くして動脈硬化を作りやすい環境を作ってしまいます。歯周病の人とそうでない人で動脈硬化に関係ある狭心症や心筋梗塞、脳梗塞のなりやすさが増加する結果が出ております。


■歯周病を予防するためには

歯周病によって生活習慣病の糖尿病と動脈硬化が増すことはご理解いただけたと思います。では、歯周病を予防するためにはどうすればいいのでしょうか。そのカギを握るのが「唾液」なのです。歯周病に限らず、虫歯や歯肉炎、口臭を予防するには唾液の存在が不可欠なのです。唾液には、口の中を潤うことで悪い細菌の繁殖を抑制する抗菌効果があります。口の中をの歯垢や歯石を洗い流す作用、口の中の酸性に傾いたのを中世に戻す作用があります。これにより、歯周病に限らずあらゆるお口トラブルを解決することができるのです。


いかがでしたか。今回挙げたもの以外にも唾液には不調を改善するカギとなる作用がたくさんあります。美容にも関係してきますので、ぜひ唾液を出す生活を心がけるようにしてみてくださいね。




23bb668344bbe00731f7e996ea672bb4_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)