気温がだんだん上がってきて、どんどん夏に近づいてきていますね。夏といえば何を想像しますか?海やBBQ、キャンプなど野外で楽しめることがたくさん増えますよね。ですが、夏には楽しい事ばかりがあるわけではありません。炎天下で楽しむということは、熱中症とも隣り合わせになります。暑くなったら考えようと考えている方も多いかもしれませんが、今この時期から熱中症になってしまう人は増えてきているんです。この時期だからこそ、今からでも熱中症対策をしておきましょう。


■そもそも熱中症ってどんな症状があるの?

熱中症について曖昧な人も中にはいると思うので、簡単に熱中症の症状を紹介したいと思います。熱中症には、4種類のタイプがあり、それによって症状も異なるようです。

・熱失神
症状:めまい、冷や汗など

・熱痙攣
症状:筋肉痛、手足の痙攣など

・熱疲労
症状:吐き気や嘔吐、全身の倦怠感

・熱射病
症状:40度以上の熱、意識障害、臓器の障害など

熱射病に関しては、死に至るケースも少なくなく大変危険なので、もしかしてと思った時は早急に病院に行くべきでしょう。


■熱中症のサインとは

熱中症や症状が分かっていても、その日の体調によるのかな?なんて思う方もいると思います。ですが、本当は熱中症になっていて危険にさらされているなんて場合もあります。そんな時の為にサインを覚えておきましょう。サインを覚えておけば、水分補給や日陰で休んだ方がいいなど判断できることも増えると思いますよ。

・口の中が激しく乾く
・めまいや立ちくらみする
・頭痛がする
・吐き気や嘔吐がおさまらない
・手足が痺れる
・身体がだるい
・意識がとぎれることがある
・まっすぐ歩けないことがある

このようなサインが出たときには、警戒した方がいいでしょう。そして、応急処置することが重要です。病院に行く前に、応急処置をしておくことによって、症状は軽くなることがほとんどです。自分でなくても、他の人がなってしまった場合は適切に対処しましょう。


もちろん、熱中症になってしまった時の対処法や応急処置も大事なことですが、一番大事なことは熱中症にならないということです。そのために、普段の生活から水分をこまめに摂ったり日傘を持ち歩いたりと対策をしておくことが必要です。冒頭にも言いましたが、まだ早いでしょ。ではなくこれから気をつけて行くべきことです。早め早めの予防を心がけて楽しく夏を過ごしましょう。



blue-925823_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)