これから湿気が増していくと気になるのが、細菌の繁殖です。女性は特に素足になることが多くなりますので、この時期の水虫には注意が必要です。そんな水虫についてご紹介いたします。


■なぜ水虫になるのか

水虫の原因は、最近の中でも真菌の仲間に入る白癬菌が、足の皮膚に増殖することで起こります。白癬菌は、皮膚の角質をエサにして成長・増殖する性質を持っています。この菌は、私たちの身の回りに数多く存在し、知らず知らずのうちに、皮膚に付着してしまうのです。そして、付着してしまった白癬菌をそのまま放置し、皮膚に住み着かせてしまうと、水虫になってしまうのです。水虫の原因となる白癬菌は、高温・多湿になればなるほど、活発に活動する性質があります。湿気の多い梅雨を経て、暑さが本格的になる夏の間が「水虫の季節」と言われます。また、水虫の約9割が足の指や足の裏に発症するのは、靴の中が蒸れやすい状態になるためです。


■水虫の症状

実は、水虫にも症状や発症する部位によって、いくつかの種類に分けられます。

・趾間型(しかんがた)
足の指の間にできる水虫で、皮がふやけたり、めくれたりするのが特徴です。薬指と小指の間で起きやすく、常に湿っぽく、ムズムズとした痒みがあります。

・小水疱型(しょうすいほうがた)
足の裏や側面に小さな水ぶくれができる水虫です。水虫以外の皮膚病と間違えられることも多く、趾間型と同時に発症することもあります。

・角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)
足の裏の皮が厚く、固くなり、表面に白い粉がふいた状態になる場合もあります。水虫が慢性化したもので、かゆみを感じることが少ないです。

・爪白癬(つめはくせん)
皮膚だけでなく、爪にまで影響を及ぼした水虫です。爪が濁った色になり、表面もボロボロに崩れてしまいます。市販薬は効かないため、受診する必要が有ります。


■水虫対策

それでは、このような水虫にならないためには何をしたら良いのでしょうか。

・足は常に乾燥させておく
足を清潔にして、常に乾燥した状態にしておきましょう。指や爪の間まで、ていねいに洗ってください。菌は古い角質から栄養を取り尽くすと、新しい角質に侵入しやすいのが特徴です。古い角質を落とし、菌の侵入を予防するために石鹸で念入りに洗っておきましょう。指の間の水分も、しっかり拭いて乾かしましょう。爪は短く切っておくのもオススメです。

・1日履いた靴は2~3日乾燥させる
1日中履いた靴は、中敷きをアルコールなどで拭き取って、2~3日乾燥させましょう。素足で履くサンダルも、中敷きは必ず拭いてください。同じ靴を何日も続けて履くのではなく、3足くらいの靴を順番に履くようにすることで、靴が乾燥して水虫になりにくくなります。


■靴下も大事

5本指の綿や絹のソックスを履くことで、足のにおいの予防になります。ストッキングを履く場合も、吸湿性のいい中敷きを靴に入れておくとよいでしょう。湿気で蒸れることがないので、足が乾燥した状態になりやすくなります。


いかがでしたか。家族に足のにおいの強い人や水虫の人がいたら、バスマットやタオルは共用しないようにしましょう。基本的には通気性のいい靴を選び、ストッキングなどは抗菌作用のある洗剤で洗濯するのことで、足の臭い予防にもなり水虫だけで、足の臭い菌が少なくなります。試してみてくださいね。


爪水虫に塗り薬?Dr.G's クリアネイル

sleeping-1159279_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)