3月16日にいよいよ長野~金沢間が開通する「北陸新幹線」これによって関東から北陸地方がぐっと身近になります。今まで東京~金沢間で、最速でも4時間弱掛かっていたのが、開通後は2時間半で行けることに!しかも乗り換えなし!関西方面の方の定番観光地でもある北陸地方。最近では杏さんが和の雰囲気たっぷりのCMをやっていますね。今回は北陸新幹線や、北陸地方の魅力に触れてみたいと思います。

最新技術と和の伝統がコラボした新幹線!
日本の最新技術の象徴でもある新幹線。北陸新幹線向けに導入された「E7・W7系新幹線」は最新技術の他にもインテリアにも拘りが。内装コンセプトはずばり「和」。深いカラーを多用した様式美ある和の内装がとても落ち着きを感じます。それだけではなく、全席コンセント設置や、グリーン車のゆりかご機構など、車内で快適に過ごす設備も満載。
また、新幹線のファーストクラスとも言える「グランクラス」というグレードの客室も。グリーン車のドリンクサービスだけではなく、軽食やアルコール提供など…まさにファーストクラス!単なる移動ではなく、移動中も楽しめる。そんな新幹線に進化したのではないでしょうか!

新たなターミナル駅「金沢駅」の発車メロディーが今話題!?
新幹線開業に向け、着々と設備の準備が進む金沢駅。先日、発車メロディーのお披露目・発表がおこなわれました。これを見て、「発車メロディーがお披露目?」と思われる方も少なくないでしょう。なぜそのような発表があったかというと、今や日本を超え、世界的に有名なアーティスト「中田ヤスタカ」さんが金沢駅の発車メロディーを作成したとのことです。石川県出身とのことで、金沢市が中田ヤスタカさんに直接オファーし制作して頂いたとのことで、その美しい発車メロディーがニュースでも話題に!金沢駅に降り立つ一つの楽しみになってしまうかもしれませんね!
また、金沢駅自体がとても特徴的なデザインをしていて、特に「鼓門・もてなしドーム」がある東口は必見!傘をイメージしたデザインで、なんと3,019枚ものガラスを使用した「もてなしドーム」と、加賀宝生の鼓をイメージした堂々とした巨大な「鼓門」の独特な雰囲気がとてもカッコイイです。その証拠に、海外の「Travel + Leisure」という雑誌で「世界でもっとも美しい駅」として紹介されるほど。是非金沢に行った際は駅にも目を向けてみてくださいね!

和の伝統を感じる北陸地方
石川県金沢市といえば、金沢城や兼六園をはじめとする伝統ある観光スポットがいっぱい!日本の伝統を色濃く残すスポットが多数点在しています。その中でもオススメが「ひがし茶屋街」古き良き茶屋街は、キムスコと呼ばれる出格子がある古い町並みで、夕刻にもなるとやさしい軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれくるという、まさに和の伝統が残る茶屋街。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、町並みの文化財としても有名になりました。ぜひこの町並みを和服で歩いてみたいものです。

海の幸と美味しいB級グルメもいっぱい!
古き良き町並みだけが北陸地方の魅力ではありません。石川県・富山県は海沿い街。勿論、海の幸のことを忘れてはいけません。北陸の海の幸と言えば「寒ブリ」や「マス」、そして「ホタルイカ」などが有名ですね。特に、ホタルイカは美しい青い光を放つので、富山県では観光の一環としてホタルイカ漁見学などを行うほど。とても綺麗で、そしておいしいホタルイカを是非観るのも食べるのも堪能したいですね!
また、北陸でしか味わえない海の幸として、最近じわじわと話題になっているのが「幻魚(げんげ)」というお魚。元々は底引き網で混ざって穫れた魚で、価値がなく捨てられていたのですが、寒天のようなプルプルとした食感、天ぷらにしてもお吸い物にしても美味しく、脂が乗っていながらもしつこくない独特の味と食感で、最近では富山県内の名物となり、県内の料亭などでも提供されるほどに。プルプル食感が独特でとてもやみつきになり、更に一夜干しは最高の酒の肴になります。
北陸地方には、石川県には金沢、七尾になど、富山県には越中富山、富山、新湊、氷見などに海鮮市場があり、北陸地方の海の幸や市場ならではの海以外の名物などが堪能できますので、北陸地方観光した際は是非行ってみるといいでしょう!
また、「富山ブラックラーメン」という、醤油ベースの真っ黒くてしょっぱいラーメンや、酸味とキャベツが特徴の「金沢カレー」を始めとしたB級グルメなども話題なので、色んな「食」の楽しみも楽しめるのも魅力ですね!

温泉だって忘れてはいけません
有名な温泉がたくさんあるのも北陸地方の魅力。いずれも新幹線沿線から少し離れてしまいますが、富山県といえば宇奈月温泉、石川県では加賀温泉や、粟津温泉などが有名です。特に、加賀温泉は「Lady KAGA」という街ぐるみのキャンペーンが有名ですね。いずれの温泉も湯温は高めながら泉質は各々で異なります。
また、宿泊だけではなく、日帰り入浴が出来る施設が非常に多く、「総湯」と呼ばれる温泉地の中心的な共同浴場や、加賀片山津温泉など。石川県内の各地に点在するので湯めぐりするのも難しくなく楽しいかもしれません!特に石川県内はあちこちに温泉郷があるので温泉旅するのもオススメですよ!

そして、日本酒が素晴らしい
米どころでもある北陸地方。そして立山や加賀鶴や手取川など、日本酒がとても有名です。各地に酒蔵が点在するので、酒蔵自慢の日本酒を試飲し購入する。などといったちょっと贅沢?な事も旅行の楽しみかもしれません。そして、北陸の美味しい海の幸を肴に日本酒をぐいっと頂くのもこれまた幸せかもしれません。

古き良き町並みを味わいつつ、温泉に浸かり、そして海の幸やB級グルメ、そしておいしいお酒などもたくさんある魅力ある北陸地方。新幹線開業で都心から一気に近くなり行きやすくなると思いますので、是非一度行ってみては如何でしょうか!

131108_Kanazawa_Station_Kanazawa_Ishikawa_pref_Japan01s5
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)