スマホ時代と言っても、やっぱりガラケーの方が良かったという人もいます。ガラケーを使っていても、周囲がみんなスマホだからスマホに変えようかなと思っている人もいることでしょう。そんな中で誕生した「ガラホ」スマホもガラケーも持っていたいという人は、ぜひガラホを使ってみてはいかがでしょう?


◆ガラホとは?
ガラホとは、スマホ+ガラケー=「ガラホ」のことで、ガラケーの姿をしたスマホのことを言います。


◆ガラホが何故話題なのか?
ガラホが人気を呼んでいる理由をいくつかお話します。

①月々の料金が安い
ガラケーは安いけれど、ネット環境が悪いので、PCをよく使っている人にとっては、使いづらかったという部分もあります。しかし、PC機能がいっぱいついているスマホの場合、料金が高いんですよね。
ガラホのいいところは、月々の携帯料金を安くすることができるということになるでしょう。ガラケーじゃものたりないけれど、スマホまではいらないという人は、携帯代を抑えられるガラホがオススメです。

②ガラケーの安心した操作
従来のテンキーを使って操作ができますので、わずらわしさがありません。高齢者にとってはこのポイントが大きいのではないでしょうか。

③2台持ちの人に人気
すでにスマホを持っている人は、2台目をこのガラホにするという人が多いようです。

④スマホに飽きた人
画面が大きい、タッチ画面はもういい。そういったスマホに飽きている人がガラホを選んでいる人が多いようですね。

⑤ネットをしないなら
ガラホはGooglePlay非対応となっていますので、スマホのようにアプリをインストしたりできません。LINEなどのアプリ20種類は自由に使えますが、この20種類しか使えません。ですから、ゲームやネットサーフィンをしない人は、ガラホがオススメです。特に子供に使わせるなら、ガラホの方がいいかもしれませんね。


◆スマホ離れが加速中
スマホが登場し、携帯各社はスマホに力を入れてきましたが、この理由はスマホの通信料がガラケーと比べて高いということになります。通信料が高いということは、それだけ携帯会社の収益面にプラスに働いているということですよね。
ですが、最近ではスマホ人気が停滞し、スマホ離れが加速してきていますので、スマホではなく、ガラケーに力を入れなおそうという考えを持ち始めた会社が増えてきました。ガラケー人気はいまだに高く、根強いファンがいますので、そういうファンはスマホには乗り換えないという強い信念があります。そういったファン層も取り込まないと、携帯会社も存続危機に陥ってしまうわけですね。


ガラホとスマホの違いは?
ガラホとスマホの違いは、スマホはタッチパネル画面のみでしたが、ガラホの場合は従来のテンキーボタンにタッチパネルを搭載したモデルです。そのため、昔ような使い方もできますし、携帯を折りたたんでスマホ風に使うことも可能となっています。もちろんガラケーとあまり変わりませんから、スマホを使い慣れている人にしてみれば、文章や情報を読み取りにくいということもでてきます。


◆高齢者でも扱いやすい携帯に
そもそも、少子高齢者時代に突入していますから、高齢者を狙った商品を出さない限りは、生き残れない時代なのかもしれません。そのため、携帯も高齢者でも扱いやすい携帯にしなければいけないということでしょう。スマホは、高齢者にはウケが悪いものです。若者にとったら、タッチパネルのほうが使いやすいことでも、高齢者にとったら、そのタッチパネルの便利さがわからないということもあります。操作もややこしいですし、どこを押せばいいのかわからないのです。
高齢者向けのスマホで、「らくらくフォン」というのがありますが、らくらくフォンは通常のスマホと比べても操作は楽になっています。しかし、画面にタッチする習慣に慣れていませんので、やはり違和感が強いものとなっているようですね。これを従来のボタン操作に戻してあげることによって、安心感が生まれて、携帯電話も気持ちよく使えるようになってくるでしょう。


◆携帯依存にならないような携帯利用を考えること
携帯が普及し、携帯依存が増えています。これは、いいこととは言えませんね。歩きスマホが問題化されているのは、歩きスマホのせいで、事故が多発しているからです。スマホ画面に集中するあまり、前後左右からくる自動車や人、自転車などに気づかずに衝突してしまう事故が増えているのは事実です。相手の身にもなってみてください。自分が自転車に乗っているときに、相手が携帯に夢中になっていて事故が起こったら?携帯の使い方を今一度考え直して、利用するようにしましょう。

20140402tsubasayy04_cs1e1_800x

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)