「クラウド」という言葉を知っていても、あまりよくわからないという人もいらっしゃいます。クラウドを理解して賢く使うことで、生活や仕事をもっと快適にできることでしょう。


◆無料クラウドとは?
クラウドとは、従来は利用者が手元のコンピュータで利用していたデータやソフトウェアを、ネットワーク経由で、サービスとして利用者に提供するものです。基本的に、PCで作ったデータというのは、そのPCからしかアクセスしたりすることができません。ですが、他の場所でも使いたいという場合がありますよね。そういう場合は、USBに保存したり、スマホにコピーしたりしますが、クラウドサービスを利用することで、その必要が一切なくなります。


◆活用法紹介
クラウドサービスの主な利点は、いつでもどこでもデータの閲覧や編集ができるということでしょう。しかも、複数人で同じデータを共有することができるのもまたメリットの一つになります。こういったところを活用することでより快適にクラウドを利用することができるのです。

①バックアップ先として活用する
クラウドストレージサービスを活用すると、重要なファイルのバックアップ先として活用することができます。出先でも確認できるのはものすごく便利ですよね。例えば、デジタルカメラの画像の保存先にしておけば、いつでもどこでも確認することが可能となるでしょう。

②大容量ファイルの送信に活用する
メールに添付できないような容量の大きいファイルの場合は、クラウドストレージサービス上にあるファイルの場所(URL)を相手に伝えればいいだけです。それだけで相手も確認できますから、重たいファイルをいちいちダウンロードする必要はなくなってくるでしょう。

③共有機能を仕事に活用する
クラウドストレージサービス上にフォルダを作成しとておくと、誰でもが触れるようになります。ですから、同じサービスを共有しておくと、数人で一緒に確認しながら編集などもできますので、手間がかかりません。それと同時に、スカイプなども併用しておくと、クラウドで閲覧・編集しながら、スカイプで音声通話をして進めていくことができるというわけですね。スカイプの場合は、無料ですので、全部が無料で進めることができますので、より経済的ですよね。


◆おすすめ無料クラウド 3つ

①Dropbox
Dropboxは、オンラインストレージサービスとして、おそらく最も有名なものとなります。Dropboxはいちいちネット上でログインする必要がありませんし、フォルダに入れるだけで自動保存してくれますので、とっても楽です。

②Copy
CopyはDropboxとほぼ同じ感覚で使えるクラウドサービスとなります。

③Googleドライブ
Googleドライブは、あのGoogleが提供するオンラインストレージサービスです。データを様々なデバイスで閲覧・共有することができますし、WebブラウザでWord、Excel、PowerPointなどのファイルなどを作成や編集することも可能とないますので、多くの人たちが使っています。


◆その他の無料クラウドサービス

①iCloud
iCloudはあの“Apple”が提供する無料のクラウドサービスです。iOS5から登場し、iPhone、iPad、iPod touch、MacなどApple製品でのデータのやり取りを自動で行います。

②Simplenote
SimplenoteはEvernoteと同じような感じで使え、メモ機能に特化しているというところが特徴となります。

③ChatWork
ChatWorkはチャット感覚で同じメンバーとリアルタイムにタスク管理や、プロジェクト進行などができますので、多くの企業が取り入れている無料クラウドサービスとなります。複数人とやり取りができますので、大きなプロジェクトを進行管理するのにオススメなものとなってくるでしょう。


◆さいごに
いかがでしょうか?上記で紹介した無料クラウドサービスは、何もビジネスだけで活躍するものではありません。個人ユーザーも今では当たり前に利用しているようなものばかりとなりますよ。もちろん、他にも便利なクラウドサービスがありますので、いろいろなサービスを併用して、より快適に使いこなせるようにしてくださいね。
ウィンドウズを使っているのか、Macを使っているのかでも、使えるサービスが違ってきますので、その点は注意するようにしてください。ウィンドウズでしか使えないようなものは、Macユーザーは使えませんよ。そこを知らないと、後々苦労しますからね。

10[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)