ただ、フッと飛び出してみたくなったりしない?世界はこんなに広いのに、どうして自分はここに居るのだろう?他にどんな場所があるのだろう?って、思ったりしませんか?海外へ出たことがある人と、そうでない人とでは、視点が違う。出たといっても、短期間の旅行ではなくてね。海外で半年以上の生活をしたことがある人には、きっと分かるだろう感覚と、日本でだけずっと生活している人との価値観は違う。


もっと砕けて言えば、ちゃんと世界を広く見ている人と、自分の国だけを見ている人とでは違いがあって当然。外に出なきゃ分からない日本の良さと悪さ、日本という国の小ささと強さ、弱さと素晴らしさ、優しさとその裏側。何でもそうでしょ、灯台下暗しというか、近すぎるモノってあまり良く見えないの。その渦中にいる時っていうのは自分がいったい自分が状況でどんなところに居て、何をしているのかにさえちゃんと気が付けない。



一歩、外側に出て客観視することで、良いことも悪いことも徐々に見えてくるのです。

私は数年前、気が付いたらオーストラリアに居ました。なんて、言うのは少し大げさだけど。なんかでもそんな感じだったの。いつの間にか私の人生の線路は、何故か一度オーストラリアに続いており、辿りついたその先のシドニーで素敵な1年間を過ごしたことがあるのです。それは本当に、貴重な経験でした。


海外の映画や音楽の影響で、留学や海外生活に憧れ、アメリカへの大学留学を夢見た時もありましたがそれはまぁ、叶わず。その悔しさから、自分で社会に出てから貯めた資金をもとに、ワーキングホリデービザを取得し、日本の皆に全力で手を振って、1年間オーストラリアに行きました。アメリカの大学に行くほどのお金は貯められなかったのでね、同じ英語圏で、日本と間反対の物を見てこようと思って、南半球の大きな国を選んだの。季節も真逆、水の渦巻きも逆だとか聞いて・・。帰って来られなくとも、どうなろうともう仕方がない!くらいの覚悟でね。一度自分の持っていた全てを捨てて外へ行ったのです。



最初の1ヶ月はホームステイをしながら語学学校に通いました。とても良いホストファミリーに恵まれて、素晴らしい家族と最初の1ヶ月を過ごしました。


家には、ピアノもあり、大きな庭にはアボカドとレモンの木が生えていて、子供の為の小さなオモチャのお家もありました。白人のママ、ジェニファーと黒人のパパ、エドワード、可愛い2歳の双子の女の子、エラとオリビア。本当に素敵なファミリーで、本物の家族のように私を扱ってくれて、少し過保護なくらいに優しく温かく包み込んでくれました。毎日の食事も美味しく、わたしの為にパーティを開いてくれたり、色んな所に連れて行ってくれたりと、本当に楽しい家庭でした。学校の仲間の中には、ホストファミリーに恵まれず、いじわるをされたり、まともな食事をもらえなかったり、自分の個人部屋が無かったり、他にも酷い話もたくさん聞いたので、自分の幸運さに感謝しました。


彼らとは今でもコンタクトをとっています。そんな優しい家族の中にいても、最初の1週間は英語に慣れるのに精いっぱいで、相手の言葉が聞き取れない、言いたいことが言えないというストレスでたまに涙が出ました。でもその素敵なホストファミリーが優しく私を見守りながら励まして、子供と一緒に楽しく過ごさせてくれて本当に嬉しかったです。



私の通った学校は、シドニーの街のど真ん中にあり大好きなQVB(クイーン・ビクトリア・ビルディング)の隣にありました。QBVこの建物は、シドニー街のメインストリート、George St(ジョージストリート)の一等地にそびえる大きな建物。1898年に当時の英国王女ビクトリア女王の即位50年を記念して建てられたコンサートホールでした。一度は老朽化から取り壊しの声もあったそうですが、壊されなくて良かった。今ではリニューアルをして、大きなショッピングモールとなり、有名店がひしめきあっているのですが。元々が凄い建建物ですから、ロマネスク様式の半円アーチを持ち、外壁は玄武岩、中の階段はモザイクタイルをしようするなど、細部まで細かく細工のしてある本当に美しい建物なのです。何も用事がなくたって、わたしは毎日この中を通って学校に通うのが好きでした。


留学前に、日本で留学経験者から受けたアドバイスで「オーストラリアは日本人がいっぱいいるけど、せっかく海外に行くんだから。なるべく日本人と日本語で話したりしないようにね、絶対それじゃ英語を覚えないから。」と言われたので、私はなるべく完全な英語環境に自分を置こうと決め、日本人の一番少ない学校を選んでいました。韓国、中国、ドイツ、スウェーデン、イタリア、フランスと様々な国から来た留学生が通う教室で、英語で英語の授業を受けるというのは、最初はとても難しかったけれど徐々に慣れ勉強になりました。わたしが最初に1番仲良くなったのは、イタリアから着ていたステファニアという女の子でした。彼女は素敵な少しグレーがかったブロンドの髪と、青と緑と紫が混ざった様なとても不思議色をした素敵な眼をしていて、私はある意味一目ぼれをしていました。恋愛感情ないけれど、笑。そのくらい素敵な子でした。彼女は私の黒い目と黒髪を素晴らしいと好み、良く触って羨んでいましたが、人間て本当に無いモノねだりですね。



彼女は本場イタリアのグッチの社員で、英語の研修で1ヶ月だけシドニーに語学留学をしていました。彼女と私は、何か趣味や価値観が似ていて気が合い、お互い片言の英語で情報を交換し合い、一緒に公園や海や、観光名所に出かけては写真を撮りました。彼女は濃いエスプレッソが大好きで、よくそれにつき合わされました。エスプレッソを飲まないと勉強できないと、どうしてもカフェに並ぶ彼女のお蔭で何度も学校に遅刻しそうになったり、2人で素敵なカフェに沢山行ったなぁ。良い思い出です。

学校で少しずつ友達が増えるにつれて自分の語学力も上がり、1ヶ月経つ頃には周りの会話を大まかには聞き取れるようになりました。ステファニアのシドニー滞在期間は1ヶ月とあっという間で本当に短く、お別れは寂しい限りでしたが、未だに誕生日やクリスマス等には連絡をとっています。いつか彼女を訪ねてイタリアに行きたいな、夢の1つです。

gf01a201402270800[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)