≪色で老いたり若返ったり≫

ピンク色で人は若返り、黒ばかり着るとしわが増える。なんて聞いたことがありませんか?


日本人には、黒いスーツや紺色の制服で個性を見せないようにして、協調性を重んじる文化がありますね。灰色こげ茶色等を上手く着こなすと大人っぽいだとか、渋いなんて言いがちだけど・・、そういう色ばかり着ていると老けるのが早まるんですよ。そのへんの濃い暗い色は体に必要な太陽光線を吸収してしまい、体内にまで伝えてくれなから。


太陽光線は若返りの主役です。目から入ってくる日光が種々のホルモンを分泌する、下垂体や松果体をはじめ、自律神経の中核である視床下部一帯を刺激し内分泌系を活性化して若返りに効果があるの。大脳の視覚野に入った色の刺激もこれらに影響を及します。

光は電磁波で、赤から青紫までのそれぞれの波長は、固有の振動数をもって私たちのもとに届きます。私たちの身体は元素でできていて、その元素も種類によって個別の振動数をもっている、それぞれの元素は常に振動しているのです。身体の元素の振動が、光の振動に反応することによって、身体に、そして心にも影響があると言われています。



若返りに1番効果のある色、それがピンク色です。

まず、ピンク色を身につけたいと思う時、それは生命力にあふれ、体が自然に活性化している時、心が“幸せ”な状態の時です。ピンクを美しいと感じる時は体調が良い時で、体調が悪い時、強い恐怖・不安がある時は絶対にピンクを身につけようとはしません。


ピンクを身につけたい日は散歩やデートなど、何か気分の良いことをしたくなっています。そんな日はその欲求に従ってしたいことをして、小さな幸せに浸ってください。

ある実験で、女性がピンクのブラウスを着て、ピンクカーテンの部屋で生活するようになったら、容貌や体が若返り、人柄まで明るく愛らしく、そして美しくなったとの報告も。


逆に黒がどれだけ良くないか、という実験の有名例はこちら。

まだ熟していない緑のトマトを採って、1つは白い布、2つ目は赤い布、3つ目に黒い布を被せ、日光の当たるところに置いた。つるに残したトマトが熟したころに布をほどいてみると・・。白い布のトマトは、つるのトマトと同様に完熟し、赤い布のトマトは発酵するほどに熟し黒い斑点が現れていた。しかし黒い布のトマトは、まったく熟さず緑のまましぼんでいた。このように、白い布は生命体が必要とする透過し、逆に黒い布は全てを吸収、赤い布は刺激の強い波長を良く透過したといいます。



冗談抜きで、黒ずくめのファッションは体に良くない影響を及ぼします。黒いマスクなんていうのも、あれは私からみたら謎でしかない。病気を防ぐどころか、むしろ具合悪くならないのかしら?大丈夫?病気になりたいの?色は意思表示でもあるのよ。黒い色を、黒いモノを吸い込みたいなら黒いマスクつけてなさいよ。健康でいられる保証はないけど。黒い色は、あなたを老いさせてしわだらけにさせるのです、忘れないで。

白は大部分の色波長と放射線を透過して伝道するから、白い衣服は広く推奨されています。下着にも同様のことが言えるんだけど。真っ白い下着や衣服を2日間着ただけで風邪が治ったという例もあるくらいです。



≪色は味覚にも影響する≫

味覚は色によって左右され、同じ食べ物でも違う色だったり、違う色の食器で味わったりすると感じ方がまったく変わってしまいます。色によって味にどんな違いが出るのか、どの色がおいしく感じるのか等、色と味覚の関係を見てみましょう。



コーヒーは何色のカップで飲むのが一番美味しいのでしょう?
「濃い茶色・赤・青・黄色のカップに1つのポットからコーヒーを注、ぎ味を比べる」という実験では中身が同じコーヒーであるのに、味にかなりの差ができました。

        濃い茶色   味・香が非常に濃い

         赤          やや濃い

         青          やや薄い

         黄         非常に薄い

濃い茶色のカップではコーヒーがとても濃く感じるのに、同じコーヒーが黄色のカップではとても薄く感じられてしまいます。味覚には、コーヒーの味自体より、カップの色の方が心理的に大きく作用しているようです。

玉川大学では、甘味、酸味、苦味等の味のついた液体に色をつけてどんな影響があるか調べていたそうです。

色は、赤・茶色・緑など、6色に着色しました。

☆茶色の液は 旨味を塩辛く感じ、苦味を甘く、塩辛い味は無味に感じます。色をつけた液の中では赤い液が一番味の識別しやすく、茶色の液は一番判別が難しいようです。


眠気覚ましに缶コーヒーを飲まれるのでしたら濃い茶色の缶が一番効果があるのでしょうね。けれど味・香は強く感じるかもしれませんが、本当の味とは違ったものになってしまっているかもしれないですね。


普段の食事に関しても、色は味に大きな影響を与えます。料理をするのが好きな人はわかるでしょうけども、色鮮やかに見た目で楽しませることで、食欲も増進するのです。真っ黒なごはんや、濃い青色のケーキなんて食べたいですか?食欲がでますか?大概の人は出ないと想う。黒と青は食欲を減退させるのです。食卓では色にも気を配りましょうね。

4570592i[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)