小さい頃、お人形さん遊びを経験した女性は多いのではないでしょうか?バービーやリカちゃん、ジェニーちゃんなどのお人形に可愛いお洋服を着せて、お友達と自慢しあいましたよね?
筆者もお人形さん遊びが大好きでした。そして大人になった今、大人のお人形遊び(アダルトではないです)にはまっています。そう!今、高価なドールが女性たちの間でひそかなブームとなっているのです。その人形は球体関節人形と言って、関節が自由に動かせるというちょっとリアルを追求した人形。大きさは15センチ程度のものから80㎝級まであって、いろいろです。顔立ちはメーカーによってだいぶ違ってきますので、いろんな業者を見てお好みの子をお迎えしましょう。

メーカーさんで一番多いのは、お隣の国韓国。韓国は今、日本とはあまり良い関係とは言えないので代理店で購入するのが一番確実ですね。ドールメーカーとの橋渡しをしてくれる代理店は、ネットなどで探せばすぐに出てきます。海外製は不安。なんか嫌だ。という人は、日本製のドールを探してみてください。
日本のドールメーカーで有名なのはボークスさんです。ボークスさんは、球体関節人形をSDMSDという名前で販売しています。SDとはスーパードルフィの略称ですね。MSDはマイクロスーパードルフィ。つまり、ちょっと小さめの球体関節人形ってことです。やはりいろんなサイズや表情がありますので、よく吟味してから選ぶようにしてください。

というのも、球体関節人形は、どこで買ってもそこそこのお値段がするのです。一番小さいサイズでも最低1~2万円から販売。大きいサイズになると78万円が相場となりますが、この金額にはメイク代やウィッグ代などが含まれていません。基本金額で購入した場合、髪の毛もないのっぺらぼうの人形が送られてくることになるのです。ウイッグやメイクを含ませ、送料も込みとなると、2~3万円はプラスされると思っておいた方がいいでしょう。中には、希望通りのメイクをしてくれる作家さんもいますが、オーダーとなるともう少し値段は上がりますし、人形師さんの作品を購入しようとなると、20万円~30万円は軽くしてしまいます。ただ、それだけの価値があって、どの人形もとても美しいです。慣れた人は自作をしていることもありますので、器用さと根性がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

筆者も一体自作しておりますが、材料費と手間と出来上がりを考えたら、よほど好きでない限り買ったほうがいいだろうと判断いたしました。そんなに楽にはできないってことですね。(出来上がりまでに3か月かかってます)
球体関節人形の良いところは、自分の好きなようにカスタムできる、里帰りを受け付けているメーカーであれば、修理してもらえる、衣装が豊富で美しい、などなどでしょうか。小さいころの着せ替えとはレベルが違った、大人の着せ替えが楽しめること間違いなしです。球体関節人形を取り扱っている代表的なサイトは以下の通り


☆天使の里
フルチョイス方式で、世界に一つだけのあなただけの球体関節人形を販売してくれます。里帰りも受け付けてくれますので、初めての方が購入するのにぴったりの場所です。ドールマニアの中では有名なサイトです。


☆レジェントドール
韓国ドールの代理店サイト。こちらもかなり有名な代理店サイト。たくさんのメーカーがアップされていますので、見比べながら購入できるのが嬉しいですね。本体のほか、ウィッグや衣装、小物などの販売もしていますよ。利用者も多く、安全なサイトです。


Luts
ここのドール大好きです。顔の造詣が美しいことで定評があります。日本語サイトもありますので是非ご覧ください。アニメタイプのフェイスもあるため、あまりリアルな人形はちょっと・・・と思っている人にもおすすめできるサイトです。


DOLKS
こちらの人形はイケメンが多い!また、80㎝級の特大人形も取り扱っていることから、割とコアな顧客が多いようですね。ドール本体のほか、ドール用品全般を取り扱っています。筆者もここでほしい人形があったのですが、SOLDOUTになっちゃいました・・・


ドールは高価なうえに、受注後2~3か月後に納品というパターンが非常に多いため、最初の一体を手に入れるまでは面倒かもしれません。けれど、一度その世界にはまってしまったら、なかなか抜け出すことはできないでしょう。いろんなドールを見て回り、世界で一体、アナタだけのドールを手に入れてみてはいかがですか?
ただし、注意しておかないと、人気のあるドールはすぐに売れてしまいます。(月森はこれで2~3体のがしました)特にイベント品や限定販売品などは、一度逃したら二度と手に入りません。これだ!と運命を感じたら、すぐに購入するくらいの勢いでないと、希望の物が手に入らないこともありますよ。

gatag-00001598

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)