疲れたときに行きたくなるのが温泉ですね。なかなか遠くにいくのは大変なので近場で行かれるところがいいですね。おすすめ温泉をご紹介いたしますね。



「東京ドーム スパ・ラクーア」
東京ドームに併設されている地の利のいいスパです。都会の真ん中でリフレッシュできるのが、イイですね。極上のリゾート気分を味わいたいときに気軽に行くことが出来ます。スパゾーンでは東京ドームシティの地下からワキです天然温泉をふんだんに使った露天風呂・大浴場の他、アトラクションバス、各種サウナを揃え、都心にいることを思わず忘れてしまう心地よさを味わえます。


綺麗な琥珀色のお湯はナトリウム塩化物強塩泉で「痩身の湯」「美人の湯」とも呼ばれ、肩こり、冷え症、疲労回復などに効くほか、保湿・保温性にも優れ美容にも効果的です。「ロウリュ」と呼ばれるサウナストーブにアロマオイルを含んだ水をかけて、香りと蒸気を発生させる、発汗を一気に促進するサービスが人気となっています。一人一人に向けてタオルで仰ぐことで、アロマの香りと蒸気を全身に浴びることが出来ます。マイナスイオンを含む蒸気は、疲労回復やストレス解消に大変効果的と言われています。まだ、体験したことのない方にはおすすめです。アメニティも完備されているので手ぶらも大丈夫。もし、何か忘れてしまっても女性ロッカー内のショップで必要なものを揃えることも可能です。


営業時間 11:00~翌朝9:00
入館料  2,634円 (水曜日はレディスデイ 2,268円)
その他、深夜割増、休日割増料金がかかります。
入館料にランチがついたお得なプランもあり人気となっています。先着順です。
ホームページ http://www.laqua.jp/spa



「東京・湯河原温泉・万葉の湯」
万葉集に詠まれる名湯!湯河原温泉を東京に居ながらにして味わえる、まさに都会の温泉郷。毎朝、タンクローリーで運ばれる源泉がそれを可能にしています。女性専用岩盤浴室や星空を見ながら神秘的な空間でリラックス効果を促進する岩盤浴室、森林浴のようなすっきりとした気分を味わえることが出来ます。


泉質はナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉 弱アルカリ性・低張性高温泉で疲労回復や、慢性女性病をはじめとした様々な症状に効果があります。好きな色・柄を選ぶことが出来る浴衣で、プチ旅行気分を味わえるのも人気の秘密なのかもしれませんね。気になるアメニティも、シャンプーは5種類から選べ、洗顔、化粧水、乳液、あかすりタオル、フェイスタオル、バスタオルは無料で貸し出してくれるのは嬉しいサービス。お得に楽しめるプランも充実しています。入館料に個室でお食事、休憩も出来るので女子旅、家族連れでも気兼ねなく楽しめます。エステサロン、バリエステ、タイ古式マッサージなど女性のための施設も揃っています。


利用料金 丸得セット(入館料、浴衣、バスタオル、手ぬぐい、館内利用料金のセット)2,300円(税別)
深夜料金 1,520円(税別) 深夜3時以降にかかります。
入浴のみ、朝風呂などお得な利用の仕方もあります。
東京都町田市鶴間1685-2
無料送迎バスもあり
ホームページ http://www.manyo.co.jp/machida/



「女性専用日帰りスパ&宿泊施設 Le Luck Spa」
新宿のグリーンプラザの中にある女性専用のスパ施設です。お肌すべすべ美肌のお風呂のシルキーバスにゲルマボールの入った冷え性やダイエットに効果的な露天風呂などのスパ施設が完備。岩盤浴サウナもあります。


アメニティは「TSUBAKI」「Aroma」POLAの「エステロワイエ」、DHCの4種類が用意されているほか、クレンジングミルク、あかすりタオル、シャワーキャップ、軽石等も用意されています。豊富なリラクゼーションメニューがリーズナブルな料金で受けられるのはかなり嬉しいですね。今話題のウォーターマッサージもいち早く導入し、3つのコースの中から選ぶことが出来ます。新宿という場所柄、終電を逃してしまった女性にも大変便利な施設ですね。宿泊専用の個室型ベッドルーム(要予約)はwi-Fiも完備。もし、ベッドルームがいっぱいでも大仮眠室で休むことが可能です。タクシーやホテルよりお得に過ごせますね。女性だけなので安心です。


利用料金 1,600円~3,500円まで利用の時間で異なります。
和・洋朝食付きのプランは通常料金よりお得に利用することが出来ますのでお泊りするときはこちらもありかも。その他、さまざまなコースがセットになったビューティープランもかなり充実しています。たまにはゆっくりと自分磨き&リラックスも良いですね。
東京都新宿区歌舞伎町1-29-2 グリーンプラザ新宿内
ホームページ http://www.hgpshinjuku.jp/spa/



疲れを感じたら、気分転換が必要です。たまにはいつもと違う空間で、いつもと違う時間を過ごしてみるのも大切なことです。明日からまた、頑張れますね。仲良しのお友達を誘って行ってみませんか。


ph_onse01_0004s[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)