Appleは本日1日にストリーミング形式の音楽配信サービス「Apple Music」を日本でローンチしました。
Alpple Musicは現在iPhone・iPadのみの対応となっており、6月30日に配信された最新バージョンのios8.4にアップデートすることで利用することができます。配信曲は約3000万曲でLINE MUSICやAWAと比べるとダントツトップの配信数です。月額利用料金は980円と家族6人で共有できるファミリープラン月額1,480円があり、登録してから3か月間は無料で利用することができます。
今回は実際にどんなサービスなのかを筆者がレビューしてみたいと思います!


レビューを始めるに当たってさっそくios8.4にアップデートしてきました!
よく見ると右下にあるミュージックアプリが白いアイコンに変わっています。今までのミュージックアプリとApple Musicを統合させ、既存のiThuneライブラリと同期することでユーザーの好みに合わせた曲をチョイスしてくれるそうです。それでは、さっそく登録して使ってみたいと思います。
Image


アプリを開くとまず先に出てくる「For You」
こちらは初期設定でユーザーのお気に入りのジャンルや好みのアーティストを設定すると、アプリの方でおすすめのアーティストやプレイリストを表示してくれます。音楽は好きだけどお気に入りのアーティストがいないという人や音楽を幅を広げたい人におすすめする機能です!

Image001


次に紹介するのは「New」
こちらはその名の通り最新の曲や季節やシーンに合わせたプレイリストがあります。こちらはApple Musicに登録しているユーザーの傾向から今流行の曲がピックアップされているので先ほど紹介した「For You」と合わせて使えば音楽の幅が一気に増えること間違いなしです!

Image002 Image


Apple Musicで全世界のユーザーが注目した機能が「Radio」です!
こちらの機能は今日のおすすめトラックやヒットチャートなどをラジオ配信しているサービスで、目玉はアメリカのロサンゼルス・ニューヨークやロンドンから生放送で配信している「Beats 1 Radio」
各国の有名なアーティストやDJがトレンドの曲を紹介しており、世界中のユーザーが一つの生放送ラジオ局を楽しむ状況がユニークと注目を集めています。
こちらはただ生放送しているわけではなく、現在再生されている曲の情報が画面下に表示される機能があり、気に入った曲をマイミュージックやプレイリストに加えることができる所も注目されている機能の一つです。

Image003 Image012


次に紹介するのは世界中のアーティストと会話ができちゃうという「Connect」
アーティストとファンを繋げる目的で作られたのがこのConnectです。書きかけの歌詞やPVのラフカットなど好きなものをアーティストが共有したものを見たりコメントすることができます。
アーティストが「こんな曲書いてみたいけど歌詞が浮かばない」時にファンからのコメントやアドバイスをもらったりファンの人との会話を楽しむ場として活用できるのではないかと予想しています。
現在参加しているアーティストが少ないので大きな動きはないと思いますが、これから増えるとのことでもしかしたら近いうちに大好きなあのアーティストとお話ができるかもしれないですね!

Image006

ここで「あれ、今までiPhoneに入れてた曲ってどこにあるの?」と思った方がいると思いますが、次に紹介する「MyMusic」に入っています。
今までのミュージックアプリからデザインが大幅に変わりましたね。筆者は前のミュージックアプリより見やすくなったと感じますが、ネット上では使いにくいユーザーがいるみたいです。やはり今までのデザインになれている人にとっては使いにくいデザインかもしれないです。

Image005

実際に使ってみて筆者が一番気になった点は、ストリーミングだと常時通信している状態ですので毎日利用していたらすぐに通信速度制限が来るんじゃないかと心配していましたが、このApple Musicにはなんと気に入った曲をダウンロードしオフラインでも聞くことができるのです!家でWi-Fiを繋ぎながら好きな曲をダウンロードして通勤や通学時にオフラインでも聞けちゃうのは通信容量が少ないユーザーに優しいと感じました。曲のダウンロードは現在Apple Musicでしか実装されていないので他のLINE MUSICやAWAよりもAppleMusicがおすすめです。


7555738_orig

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)