2015年7月、今月はいったいどんな月なのでしょうか?
※カラーセラピストと、数秘カウンセラーの資格を持つ私が、数秘学や色彩心理学で導き出せるものは沢山ありますが。ここで紹介するのは、数字と色を使った、その月の世界全体の大きな傾向と流れのお知らせです。各個人によってのサイクルは他にありますが、これはあくまで全体的な数字と色とテーマです。この全体のテーマと自分のテーマを両方理解していると、より一層理解が深まり、毎日を過ごしやすくなります。どちらも大切にしながら毎日を充実させていってくださいね☆


2015年というのは秘数『8』を含んでおり、誰にでも訪れる『成功と達成』のチャンスタイム!私は、今年はやりたいことに迷わず手に伸ばし突き進みます!あなたも今年はチャンスの波を掴んで、夢を実現させてくださいね。

その中で、さらに今月に焦点を当ててみてみると、

2015年6月の秘数は『6』カラーは『Pink & Blue(ピンク&ブルー)』テーマは『愛情と育成』です。数字の『6』は1~9の数字の中で少し特別な数字として捉えられていて、この数字だけが2色の色を合わせ持ちます。妊婦さんを描いた様な形から、母性や愛情、育成等も意味します。


変化の月、2015年の6月が終わりましたね。みんなにはどんな変化があったのかな?


私の心境や周りの環境にも様々な変化が。でも臆せずに変化して正解であることを胸に刻みましょう!これは全て明るい未来の為への変化です。


さてさて、今月は、どんな月なのかというと・・。


数秘は『6』カラーは『Pink &Blue (ピンクとブルー)』テーマは『愛情と育成』です。恋人ができたり、妊娠、出産などが重なる方も多いんじゃないでしょうか?今までスピーディーに成長してきたものに対して、本当の意味でじっくりと「育み・愛を注ぐ」時となります。近しい人との愛がテーマです。

自分や家族、周りの人々に対する思いやりや優しさを忘れず、愛情を注ぎ、責任を持って育成していきましょう。必ず成熟した実をならせ、喜びと満足をもたらせてくれることでしょう。



≪Blue (ブルー)の持つ効果≫

青は、大地をも包み込むような広い空や海の色。母性愛、包容力、レセプティブな力。ブルーを見ると、気持ちが落ち着き心の静寂さを感じさせてくれます。これは青の光が「副交感神経」を刺激し、脈拍や体温が下がり、呼吸もゆっくりと深くなるためと考えられます。長時間の集中力を助けるので、単純作業や頭脳労働の場所で使うと効果的です。集中力を乱さず、冷静な判断力で、飽きずに的確な仕事をすすめることができるようになるでしょう。また、誠実さを感じさせる色なので、人とのコミュニケーション、特に1対1のコミュニケーションをスムーズにする効果があります。



≪Pink (ピンク)の持つ効果≫

ピンクは全ての「愛」を象徴する色。その代表が無条件の愛、与える愛。ピンク色を見ると優しい気持ちになります。柔らかく甘い雰囲気のこの色は、ゆっくりと心のコリをほぐしてくれそうです。ピンクは、恋愛・しあわせ・思いやりなどのやさしいイメージをもつ色です。恋に夢中の時や、幸せで充実している時、また愛や幸せを欲している時などにピンクが気になります。


また、ピンクは心と体を若返らせる効果があり、心を満たし人を思いやるあたたかさを与えてくれる色です。ピンクは女性らしさをイメージさせ、女性に最も好まれる色の一つです。しかし一方で女性に最も嫌われる色でもあります。


子どもの時に女性らしさを強要された女性や、女性らしさに距離をおく女性は、ピンクを好まない傾向があります。ピンク=女性らしいというイメージに頭で抵抗しているケースです。しかしそんな場合でも心ではピンクを好きだったりもします。


この素敵な2色の「愛のパワー」は沢山の人を救っていくことでしょう。

愛の中で忘れてはいけないのが「愛のバランス」自分を愛するというテーマも象徴されます。愛をたっぷり受け取ることは必要なことなのです。


この色をサポートカラーとして、「与える愛と受け止める愛」のバランスがとれるよう、意識しましょう。「人は愛なくして生きていけない」ということを十分に感じたあなたは、愛情深い人間として幸せを掴んでいくことができるでしょう。


素敵な愛の月を過ごしてくださいね☆
LOVE YUKI

color0043[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)