夏のデートにピッタリなのんびりと過ごせる避暑地を知りたい!そんなあなたに、この夏ぴったりの避暑地をご紹介します!



◆夏のデートにおすすめの避暑地5


【北海道・富良野】
避暑地と言えば、やっぱり「北海道」ですよね。夏でも涼しい北海道でも、特に人気なのが「富良野」となります。有名ドラマの舞台にもなった地域であり、ラベンダー畑も有名です。ちなみに、富良野のデートスポットでオススメが、日の出公園ラベンダー園です。頂上の展望台から眺める十勝連峰、そして一面のラベンダー畑。夢心地ですね。


【北海道・釧路】
夏の北海道内でとりわけ涼しいのが道東地域です。釧路の観光団体が「東洋のスイス」と称して観光客の誘致活動を行っているほど最高気温は低いですから、避暑地としても全国から名前が挙げられます。釧路のデートスポットは、くしろ水産センター マリン・トポスくしろです。日本でも有数の漁獲量を誇る水産業の街である釧路なので、漁業の歴史や最近の動向などについて学ぶことができます。


【栃木県・那須】
関東有数の避暑地といえば、栃木県にある那須高原ですよね。ここでのデートスポットは、「那須ハイランドパーク」や動物と触れ合える「那須サファリパーク」ではないでしょうか。


【長野県・上高地】
長野県は数多くの避暑地のある県と知られており、「上高地」は夏でも気温は20度前後ととってもすずしい場所です。オススメデートスポットは、あざみ池です・周囲約130mほどの小さな池ですが、空気がとても澄んでいて癒し体験を得ることができます。


【山梨県・清里】
八ヶ岳連峰の麓に位置する清里高原は、星空を見るための天窓が設置されたペンションもいくつもありますから、夏の暑さから避難しつつ、カップルで自然のプラネタリウムを楽しむことができますよ。



◆夏バテの原因を知ろう
夏バテの原因は、室内外の寒暖差によって起こります。外気温と室温の差が5℃以上になると、体温を調節する自律神経がくるってしまって、体がだるくなってしまうのです。また、エアコンの効いた室内で汗をかかなくなると、ますます体温調節機能が働きにくくなってしまいますから、夏バテ症状がさらにひどくなってしまうんですよ。と考えると、避暑地でエアコンも何も使わずに涼しい思いをしたほうがいいということですよね。



◆体脂肪が多いと暑さを感じやすくなる
男性と女性と比べてみても、男性の方が暑さを感じやすくなっています。というのも、これは体脂肪が原因なんですよ。後は筋肉量ですね。男性は、熱を生産する筋肉の量が女性より多くあります。男性の場合、熱を生産する筋肉の量が多く、さらに運動量も多いために熱をつくりやすくなっているため、暑さを感じやすいのです。これに付け加えて、体脂肪が多いとさらに暑さを感じやすくなります。脂肪は熱を生み出しませんが、断熱剤のような働きをするんですね。
ですから、男性は「暑い」と言う言葉を発することが多くなってくるでしょう。とはいっても、最近の男子の場合は、体脂肪が多い人ってあまりいませんよね。体型が細い人が多いので、避暑地に行くだけでも暑さはやわらぐかもしれません。とにかく、エアコンのあたりすぎには注意をしてください。そして太り過ぎもよくありませんからね。カップルで避暑地に行って、デートスポットに行って、夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか?

167415866965[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)