おネエ系タレントで有名なKABA.ちゃんが昨日13日、フジテレビ系情報番組の「ノンストップ!」にて男から女への戸籍変更を目標に海外で性別適合手術(性転換手術)を受けることを明らかにしました。KABA.ちゃんは昨年の秋から睾丸摘出手術や女性ホルモンを摂取する治療を受けていますが、戸籍を含めた完全な性転換のために8月に海外で性別適合手術のカウンセリングを受け、手術の予約をするそうです。

また、女性らしい顔にするために整形手術を受けており、女性になることに対しての決心は固いと思われます。KABA.ちゃんは「女性になるという形だけでなく、体が変わるなら戸籍も変えたい。もともと男性で生まれたことに違和感を感じていた。最終的に女性として死ねたらいいな。」晴れて女性になった後は「すてきな人が見つかればしたい」と結婚願望も告白、その女心にぶれはない。

日本では性転換が認められており、戸籍の変更も一定の条件をクリアすれば男→女、女→男へ変更することが可能です。性転換は簡単だと認識している人は多いみたいですが、実はそんな簡単な話ではないのです。
まず性転換の際に受ける手術を受けるだけで終わりではなく手術を受けた後も定期的に体のメンテナンスをしていかないといけないですし、メンテナンスも想像を超える苦痛を伴うそうです。そんな苦痛も耐えて女性になりたいとKABA.ちゃんは悩みに悩んで決意したんだと思います。


現在は自宅で療養生活を送っているKABA.ちゃんですが、先月ミッツやマツコら「オネエ会」で誕生日を祝ってもらったそうです。その時の様子がミッツの公式ブログにて公開されています。KABA.ちゃんをテレビで見る機会が減りましたが、また近い将来テレビや雑誌などで見れる日が来るといいですね。

kabachan
※画像出典元:プラチナムプロダクション公式サイト

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)