音を聴くと、それに伴って色が見える現象を「色聴」といいます。通常、音の刺激に対しては五感のうち聴覚のみが反応するのですが、同時に視覚も反応するということです。このような感じ方にはかなり個人差があり、強く感じる人とそれほど感じない人が存在します。 色聴者は成人では10人に1人ぐらいの割合だといわれています。結構な割り合いでしょ?別に私だけじゃないのです。子供たちの多くが共有し、原始人には広く存在していたといわれています。また、年齢が増すにつれて減少し、子供の頃に体験していても大人になると感じなくなるという場合もあります。

「音色」という言葉があるように、音と色には深い関係があります。イギリスの科学者ニュートンは、著書「光学」の中でスペクトル(虹のように現れる光の帯)の7色を音階にあてはめていますし、ドイツの文学者ゲーテは友人に宛てた手紙の中で楽器の音色を色にたとえています。

さらにロシアの画家カンディンスキーは、絵画の世界に音楽を持ち込みました。そこでは明るい青をフルート、濃紺をチェロ、黒をコントラバスの響きにたとえて、「色彩には音楽的な響きがある」と主張しています。女性のカン高い声を「黄色い声」というように、高い音には明るい色のイメージがあります。逆に、低く不明瞭な声を「澱んだ声」というように、低い音は色が混じり合った暗いイメージです。

また、激しいリズムは暖色系(赤、橙、黄)、静かで落ち着いたリズムは寒色系(青緑、青)のイメージがあります。ウォルト・ディズニーの作品「ファンタジア」は音楽と色彩を融合させた最高傑作の音楽映画です。

この作品のなかでも、ドイツの大作曲家ベートーベンの交響曲、第六番ヘ長調op.68「田園」の全曲が色彩に翻訳されて見事に描かれています。最近では、コンサートなどでもレーザービームによる音と光の多彩な演出がなされています。アーティストが音にどんな色のイメージを抱いているか探って見てみるのも面白いと思います。感性が豊かだった子供に戻って、是非「色聴」を取り戻してみたいと思いませんか?


≪音の振動数と色彩≫


音の要素(スペクトル)の一つ、振動数について説明します。振動数とは音の高低に関係するものです。 振動数が減少すれば波長は自ずと長くなり、音は低い方へ変化していきます。色の中で、最も波長の長い赤が一番低い音と云えるでしょう。

これは一般的に「ド」の音に置き換えられることが多いです。反対に振動数が上がれば波長が短くなり、高い音になっていきます。光の世界では、紫外線が目に見える最も波長の短い音です。これは一般的に「シ」が紫の色として捉えられている要因になります。

音と色の相対関係は、
ド レ ミ ファ ソ ラ シ
赤 橙 黄 緑  青 藍 紫

7つのチャクラに対応する音色もこのようになっていますね。

C 256Hz 第1チャクラ/会陰 赤
D 288Hz 第2チャクラ/丹田 オレンジ
E 320Hz 第3チャクラ/太陽神経叢・みぞおち 黄色
F 341.3Hz 第4チャクラ/ハート 緑
G 384Hz 第5チャクラ/喉 青
A 426.7Hz 第6チャクラ/眉間・第3の目 インディゴ
B 480Hz 第7チャクラ/頭頂 紫
C 512Hz 第8チャクラ/頭頂から20~30cm上 魂の目的・ハイアーセルフ 白
(第1チャクラのオクターブ上/赤にも対応)

色の解釈の仕方は人それぞれなので、自分の感じるものと違うと思えば、感じたままに受け止めて大丈夫です。それがあなたの感受性なのですから、間違いではありません。色だけに限らず、あなたは貴方の感受性を大切にして毎日を過ごして行けばいいのです。

今回は少し難しい話になってしまいましたが、私自信が色と音楽を仕事にしている人間なモノで。音と色との関わり合いは常日頃、とても身近に感じています。なので余計に、今回の~色と音の関係~は、ちょっと真剣にマニアックなモノになってしまいましたが。まあ、こんな関係性もあるのだな、と思ってください。あなたも、「色聴」をとり戻し、豊かな感受性で世界を楽しみましょう。


uploaded

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)