本日21日によしもとクリエイティブエージェンシー所属で吉本新喜劇の座長『小藪 千豊』がに人気女性雑誌『NYLON JAPAN(ナイロンジャパン)』『ViVi(ヴィヴィ)』『VOCE(ヴォーチェ)』3誌の専属モデルを務めることがわかり、ネット上では話題を呼んでいます。


この3誌同時専属モデル就任は芸人史上、女性ファッション雑誌史上初。
専属モデルを夢見ていた小藪は「やっと夢が叶ったというか、本当に専属モデルになりたいと思って、この世界で頑張ってきたんです。1誌の専属モデルになれるだけでも嬉しいのに、3誌の“専属”モデルというのは、本当に史上初やなと思います。史上初の3誌の“専属”モデル、史上初の芸人で“専属”モデル、史上初の顔長いのに、史上初のブサイクなのに“専属”モデル、と史上初続きやと思うんです」と大喜びのコメントを残しています。


小藪は半年前からSNS『Instagram』を始めており、吉本新喜劇やレイザーラモンとのヒップホップユニット「ビッグポルノ」や自身が関わっているプロジェクトでの活動内容をアップロードしていたが、次第に美容やスイーツなど女性受けする内容が増えていき、今ではフォロワー数が63万人を超える人気を誇っている。
専属モデルの話はこの『Instagram』を雑誌の編集者が見て小藪に声をかけたそうです。

『NYLON JAPAN』『ViVi』『VOCE』はどれも違ったジャンルの女性ファッション雑誌。小藪に期待していることもはっきり分かれており、『NYLON JAPAN』の戸川貴詞編集長は「小籔さんの個性的でオルタナティヴなオリジナリティ溢れる世界観とNYLON JAPANとのコラボレーションが、新たなカルチャーを作り出すと期待しています」、『ViVi』の鴉田久美子編集長は「Instagramが面白すぎると誌面で紹介したことからのご縁。小籔さんは女子力が高く、意識高い系(笑)。個性溢れるViVi専属モデルズの一員になりえると思いました。読者の美意識を刺激していただきたいと期待しています」、『VOCE』の石井亜樹編集長は「世界のカズニョロ氏に、“専属”になっていただけて光栄です。ビューティアイコン(!)として盛り上げます」とそれぞれ大きな期待を寄せています。芸人として活躍していた小藪が今後専属モデルとしてどんな活躍を見せるのかに期待です。

663[1]
※画像引用元:吉本興業株式会社

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)