カラオケに行ったとき、歌が上手な人を見ると、自分も上手だったらと思うことありませんか?どうしたら歌が上手になるのでしょうか。歌が上手になる方法をさがしてみましょう。

「歌が上手い人とは」


歌が上手い人はどんな特徴があるのでしょうか。
 
1.音程が正確
2.リズムが正確
3.声量がある

では、この3つを克服すれば、歌は上手になるということですね。それぞれを改善する方法をご紹介します。

1.音程を正確にとる

歌の正確な音程を取れていない事には始まりません。楽譜を見て、まずは楽器で正確な音程で演奏し、それに合わせて歌ってみましょう。
一緒に歌っていると、音程があっているかどうかわかりづらいので録音して音があっているかどうか聞いてみることが大切です。もし、全体的に会っていない場合は曲の歌いだしの音があっていないことが多いので歌いだしの音を正確に出せるように何度か聞いてみましょう。
1曲を正確に歌えるようになるまで、練習するのがよいですね。
普通の人が音程を取るときに「上がる音は上がり幅が少なく、下がる音は必要以上に下がってしまう」という傾向があるそうなので、そのあたりも注意してください。「上がるときは思い切りよく、下がるときは慎重に」がセオリーです。

2.音程がきちんと取れるようになったら、次はリズムです

曲によって難しいリズムもありますので曲選びは意外と大切です。
早くなりすぎたり、遅くなりすぎたりすることがないように正確なリズムが刻めるようになるまで、何度も練習が必要です。特にリズムがあっていないというところがあれば、そこだけを取り出して練習しましょう。

3.声量があるという人は、良く響く声の持ち主!

生まれつき声の大きい人もいますが、声量をもっと増やすためには、訓練が必要です。
よく言われますが、腹式呼吸がきちんとできていないと声量はなかなか増やすことが出来ません。まずは腹式呼吸が出来るように練習しましょう。腹式呼吸がきちんとできるようになれば、あとは息のコントロールをするだけで歌のメリハリがつきます。

※腹式呼吸

横隔膜を下げ、お腹を膨らませて息を吸う呼吸法のことを腹式呼吸と言います。
意識していないと、肩をあげて呼吸する胸式呼吸になっています。

①背筋を伸ばして、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
この時のイメージは丹田(おへその下)に空気を吸い込むイメージでおなかを膨らませます。
口からゆっくり息を吐きだしていきます。お腹をへこましながら、体の中のものをすべて出し切るように、吸う時の倍くらいの時間をかけるつもりで吐いていくのがポイントです。

腹式呼吸に慣れてきたら、実際に声を出して練習します。一つの音を伸ばすロングトーンの練習が適しています。
どの音程でもよいので、同じ息の強さで最後まで吐いていきます。息を吐き切るあたりで息がぶれがちになりますが、最後まで一定の強さで吐き切れるように練習しましょう。吐ききれなくなったらお腹を緊張させた状態でしばらくキープすると効果的です。
この練習を毎日続けて、難なく出来るようになるようにしましょう。
この腹式呼吸での発声をマスターすることで、声にハリが出たり、高音が出るようになったりと、歌を歌ううえでの大きなメリットを得ることが出来ます。

ここまで、マスターしたら少し、上級編です。

※ファルセット(裏声)の出し方

ファルセットとは「弱弱しく息漏れさせた裏声」のことです。
どのように出したら良いかわからないという人も多いと思います。
感覚としては、声の出し方と、口の形に重点をおいて咽を活用して歌います。声を出すときに、上に向かって声を出すイメージをして、少しあごを出すようにし、口を横に開いて、鼻の奥に息を当てる感じで声を出します。
頭の上から声を出すようなイメージを思い浮かべるといいかもしれません。

以上のことを踏まえて、1曲を完全に歌えるようになるまで練習しましょう。それをマスター出来たら、次の曲にチャレンジです。
最後に人前で歌う時に、緊張しないこともかなり重要です。緊張するなと言う方が無理という方もいらっしゃいますが、緊張するという事は人前で失敗したくないという状況で起こっているのです。目をつぶって家で歌っているときの気分で歌えることがいいのです。
口で言うほど簡単ではないかもしれませんが、このことを意識しているだけでも違ってきます。
一人カラオケでしばらく練習して、次からあなたも「カラオケ上手」ですね。

自宅で簡単発声練習「ビューティーボイストレーナー」

600efbf416698add4bb1f0bd63405658_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)