人類の永遠のお友達と言われる犬。
犬は、ずっと昔から人間のそばで暮らしてきました。
信頼しきった瞳でじっと見つめる犬はとってもかわいいですよね。

最近では小型化されたワンちゃんもたくさんいて、一人暮らしの女性でも、犬を飼うことができるようになっています。

でも、犬を飼うには様々な準備や覚悟が必要。
犬はおもちゃではありません。生きている一つの命なのです。
その命を大切にしてこそ、犬を飼う資格があると言えるでしょう。

☆住んでいるところはペット可物件?

まず、住んでいるところがペットOKでないと話が始まりません。
隠れて飼われるのは、大家さんにも隣人にも、犬にとっても大迷惑。

ペット可物件に住んでいない人はあきらめましょう。

また、いったん犬を飼ったら2度とペット不可物件には引っ越せません。
ずっとその家で暮らす、引っ越すときはまた、ペット可物件を探すようにしないといけません。

☆生涯ずっと面倒見れる?

犬の寿命は10年~15年。
今はもう少し長く生きる犬もたくさんいます。
その間、結婚や出産なども体験する可能性もあります。
それでもその犬を飼い続けられますか?
もしもの場合は里親を探せますか?

犬を飼うということは、その犬の生に対して責任を持つということです。

飼えなくなったから捨てるというのでは無責任というもの。
その犬が一生、幸せに生きていけるように支える覚悟をしましょう。

☆飼える環境だったら・・・

さて!いよいよ【犬を飼える環境だった場合】の話をしましょう。

犬を迎える前に、ケージやトイレ、食器などはあらかじめ用意しておいてください。
そして、ある程度の知識は身に着けておくこと。
犬の飼い方の本などを見て、しつけ方法を学んでおきましょう。

犬と人間は違う生き物です。
でも、正しい方法で接すれば、心を通わせることができます。
間違った方法で犬と接すると、犬にもストレスがたまり、一緒に暮らしていくのは難しくなるかもしれません。

きちんと犬と向き合い、犬にとって正しいと思われる方法で接するようにしてあげましょう。

☆犬との大事なコミュニケーション、お散歩

犬との大事なコミュニケーションの一つにお散歩があります。
かわいいワンちゃんと一緒にお散歩という姿にあこがれて犬を飼う人もいるのではないでしょうか?

小型犬の場合、運動量はそれほど必要ありませんから、楽しく散歩することができるでしょう。
毎日の散歩の中で、犬とコミュニケーションをとってください。
くれぐれも「飽きたからもう行きたくない」なんて放置するのは厳禁ですよ。

☆食べてはいけない食べ物もある

犬ってかわいいですよね。
あの目で見つめられたらなんでも食べさせてあげたくなるような気がします。
でも、犬に食べさせちゃいけないものもあるんですよね、実は。

代表的なのはタマネギ。
タマネギを食べると血尿がでたり、貧血や心臓発作の原因となることもあります。
個体差があるようで、なんともない子もいるのは事実ですが、犬にとって毒であることに間違いはありませんので、タマネギは摂取させないようにしましょう。
ゆで汁なども同様にカラダによくありませんので、タマネギと一緒に調理したものは避けてください。

また、ネギ類やチョコレートも有毒となりますし、観葉植物や球根の中にも毒性の高いものがありますので要注意です。

基本人間の食べ物は与えないようにし、ドッグフードのみを与えるようにすると良いでしょう。

☆愛情をかけるとかわいく育つ

犬って不思議なもので、愛情が与えられてないと問題行動を起こしがちです。

「僕ってこの家に要らない子なんだな」「もっと僕を見て!」「僕をかまって!」こんな気持ちが問題行動を引き起こすのでしょう。

逆に、愛情たっぷりで育った子は大人しく、あまり目立った問題を起こさないケースが多いです(しつけ間違いで問題を起こすこともあるけど矯正可能)

犬にとっては飼い主が母親で、飼い主だけが自分を守ってくれる存在ですので必死になる気持ちもよくわかりますね。

だからこそ、愛情をもって育てると良いパートナーになれるのです。
犬は人間のパートナー。
一緒に暮らすときはめいっぱいの愛情で包み込んであげてくださいね!

愛犬の健康管理に! 3歳からの還元型CoQ10

2d0aab3de45b45880a6fc4b0a02e9227_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)