2015年10月、今月はいったいどんな月なのでしょうか?

※カラーセラピストと、数秘カウンセラーの資格を持つ私がここで紹介するのは、数字と色を使った、その月の世界全体の大きな傾向と流れのお知らせです。
各個人によってのサイクルは他にありますが、これはあくまで全体的な数字と色とテーマです。
この全体のテーマと自分のテーマを両方理解していると、より一層理解が深まり、毎日を過ごしやすくなります。
どちらも大切にしながら毎日を素敵に、充実させていってくださいね☆


2015年というのは秘数『8』を含んでおり、誰にでも訪れる『成功と達成』のチャンスタイム!
私は、今年はやりたいことに迷わず手に伸ばし突き進みます!
あなたも今年はチャンスの波を掴んで、夢を実現させてくださいね。


はい、その中で、さらに今月に焦点を当ててみてみると、
さあ、今月はどんな月ですか?何を感じますか?

2015年10月の数秘は『9』、カラーは『Olive(オリーブ)』日本でいうと若葉色ですね。テーマは『完了と解放』です。

収穫が終わり、次の種まきに繋がるよう、きちんと土をならし土に回帰する完了の時期です。
色々なことを整理し完了させ、手放しも必要になってくる時です。今までの不要なモノがなくなれば、心も解放され新しいステージの始まりをきちんと迎えることができるでしょう。
大切なのは、過去に執着しないことです。更なる高次の自己を目指すことで、自然と社会貢献や世界平和へ目が向けられる流れとなることでしょう。

まず、この色をサポートカラーにして、大きな愛を感じましょう!「ひとりはみんなの為に、皆はひとりの為に。」小さなことにとらわれず、皆が一緒になれる平和な世界を描いていきましょう。

それを築くのは、あなたなのかもしれません。

完了と解放、あなたにはそれが可能です。勇気を持って、手放しましょう。


≪オリーブ色が持つ効果≫

オリーブ色、萌え出る若葉の色であり、植物の生命力や再生力を象徴する色です。
結実したばかりの果実の色でもあり、若々しさや健康さのイメージも持っています。

この色は、植物が光合成をして作り出す酸素が人間の心臓や内面に深く関わることから、チャクラを通して自分のハートとの懸け橋になってくれるカラーでもあります。

自分の心の中にスペースを作り出し、不安やストレスを取り除き、ゆとりを与えてくれるポマンダーです。
フレッシュなハーブの香りで森の中にいるような癒しを感じ、安心感を持つことができるでしょう。

基本的には緑になるのですが、緑色に少量の灰色、そして黄色がまざったのがオリーブ色と言われています。
緑は落ち着きをもたらしてくれる色ですが、灰色は用心深さを与えるものです。
つまりはどちらも「落ち着き」をもたらしてくれる色ですが、黄色はアグレッシブな色です。

コミュニケーション能力を高めたり、無邪気さや明るさを演出してくれる色が混ざっていますので、オリーブは落ちついた中にもどこかで明るさを…といった効果がある色でもあります。
そのため、大人な人間関係を構築したい時に用いると良いといわれているのがオリーブなのです。

自分自身に落ち着きをもたらしてくれる一方、相手への配慮も忘れない。
そのような色彩心理がありますので、大事な話し合いなどの際にはオリーブのものを身に付けておくと良いのではないでしょうか。

また、基本的には緑になりますので、緑の効果がメインです。
黄色はあくまでもアクセント的な部分がありますので、その点もさりげない配慮と映るでしょう。
この点もオリーブが大人から人気を博している点なのでしょうね。

オリーブは希望や平和の象徴。ひとつのモノが完了し、また1からスタートする新しい時代の色。
オリーブの色がどんな肥沃な土地でも根をはらせ、実をならせるように、この色は人々に夢や期待を与えてくれます。ノアの洪水の後、鳩がくわえてきた枝。
世界に愛と平和のエネルギーを降り注いでいく優しくそしてパワフルな色です。

オリーブ色をみると、心が休まりませんか?安心して前に進んでいいんだよ、という声が聴こえてくるようですね。



【時詠PERSONALカレンダー2015】

PAK72_greennohikari20141129223847-thumb-815xauto-17954
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)