「鉄女」と呼ばれる女性もいるほど女性でも鉄道の好きな方いらっしゃいますね。車や飛行機で行く旅も良いですが、たまには電車でゆっくりと旅してみるのも良いのではありませんか。

車窓から眺める景色はいつもと違って見えるかもしれませんよ。


「人気の電車」

*トワイライトエクスプレス

人気の電車と言って、思い浮かぶのはまず、こちらトワイライトエクスプレスでしょう。
大阪から札幌まで、約1500キロを23時間かけて旅する寝台特急です。北陸から東北の日本海側を通り、海に沈む夕日を眺めながら夕食を楽しむ事が出来ます。
ちょっと外国を旅行した気分になれるかもしれません。食堂車で味わうフランス料理のフルコースは予約制ですので、ぜひ忘れないようしましょう。季節ごとにメニューが変わるフランス料理は列車とは思えないほど丁寧な料理で、至福のディナータイムを過ごすのにぴったりです。
また、海側を見ることを第一に考えられたサロンカーはなかなか他では体験出来ないのでゆっくりと満喫したいものですね。

大阪―札幌間で大人1人2万5620円(B寝台、片道、運賃込み)。展望タイプのスイート(写真)など部屋のランクに応じて寝台料金は上がる。大阪始発は月、水、金、土に運行しています。

*A列車で行こう

どこかで聞いたことのある名前と思ったら、往年のジャズナンバーでした。洒落たネーミングは、心踊る列車の旅にぴったりですね。
16世紀の天草に伝わった南蛮文化をテーマにデザインされているので、異国情緒があふれています。木やステンドグラスを配した落ち着いた色調の車内は大人の雰囲気が漂い、女子旅を盛り上げてくれます。
バーカウンターでは地元特産のデコポンをアレンジしたハイボールを楽しむ事が出来るのも、この列車の良いところです。乗車時間は40分程度と短いのが、ちょっと残念です。
でも、美しい有明海の景色を眺める事も出来て旅気分は最高です。列車のホームから『A列車で行こう』がかかるのも粋な計らいで、女性にも喜ばれています。

全席指定です。熊本―三角間で大人1人1820円(片道)。土、日に運行(春休みやゴールデンウイーク、夏休み中などは毎日運行)。

*しまかぜ

女性に人気のある伊勢の旅を盛り上げてくれる列車がこちら『しまかぜ』です。
伊勢神宮の20年に一度の大祭に合わせ、3月21日にデビューしたばかりの観光特急です。大阪・名古屋と伊勢志摩の賢島を結のでいます。
1 列に3席とゆったりとした座席は女性にはとても嬉しい心遣いです。掘りごたつ式の個室やリビングのような洋風個室も備えているので色々な楽しみ方が出来ま す。また、カフェでは松阪牛カレーや河内ワインなど名産品も味わえるので、外せませんね。列車のお楽しみを全て、乗せた正に夢の列車です。

全席指定。料金は大阪難波―賢島間で大人1人4810円(片道、運賃込み)。水曜除く毎日運行(春休み、夏休みなどは水曜運転の日も)。

*リゾートしらかみ

大きな窓から白神山地の絶景を望むことの出来る列車です。
車両は「青池」「橅(ぶな)」「くまげら」と、色調やデザインが異なる3タイプがあります。車内で津軽三味線の生演奏や津軽弁の昔語りが催されるので、見逃せません。日本海の荒々しい景色を満喫するのも楽しみ方の一つです。

全席指定。料金は秋田―青森間で大人1人4820円(片道、運賃込み)

*坊ちゃん列車

列車の旅というほど長距離ではありませんが、松山市内を走る路面電車です。
明治時代に走っていた機関車をモデルに復元したものだそうです。夏目漱石の小説「坊っちゃん」で登場人物がこの鉄道を利用したことにちなんで列車の名前がつけられました。
作 中で「マッチ箱のよう」と評された列車は、女性や子どもが喜びそうなかわいらしいデザインなので訪れた際にはぜひ乗ってみたいですね。蒸気機関車の格好を したディーゼル機関車ですが、「煙突から水蒸気の煙を出したり、機関士と助手も昔ながらの制服を着ていて、気分は坊ちゃんの中といったところでしょう。

料金は大人300円、小児200円。毎日運行

*SLばんえつ物語

「貴婦人」の愛称で親しまれているC57形蒸気機関車を復元し、1999年から運行しているSLです。
「貴 婦人」という名前はどなたも一度は聞いたことがあるでしょう。紙芝居や塗り絵、絵本などが設置された「オコジョルーム」があります。そこでは小鳥のさえず りのBGMが流れていて、まるで森にいるような感覚に陥ります。今年はパノラマ展望室を備えたグリーン車両が新たに登場します。

全席指定。料金は新潟―会津若松間で大人1人2720円(片道、運賃込み)。4~11月の土、日に運行(月、金運行の日も)。

*旭山動物園号

「動物の親子」をテーマに、元旭山動物園飼育係で絵本作家のあべ弘士さんがデザインを担当した列車です。
旭山動物園は大人が行っても楽しめる素敵な動物園なので、こんな列車嬉しいですね。
記念撮影用にオオカミやライオンなどのぬいぐるみの座席も用意されているので童心に帰ってしまいましょう4月8日から一旦運休し、リニューアルをして7月以降に運行を再開する予定です。

全席指定。料金は札幌―旭川間で大人1人4680円(片道、運賃込み)。3月は毎日、4月は6、7日に運行。


色々な列車をご紹介しましたが、乗りたくなったのではありませんか。それぞれの土地を楽しむには、列車でゆっくりと過ごすのはいいのかもしれませんね。皆でアルコールを飲めるのも、ポイント高いかも。



リボーンプログラム

PP_yukitoarashiyama-thumb-815xauto-12746

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)