「東京ディズニーリゾート」はいつ行っても夢の国。夢の国の夜はどこのホテルに泊まりましょうか。どこに泊まっても夢の続きがみられるのがとても楽しいところです。ついに新しいホテルがオープンすることも発表されました。
それぞれのホテルにそれぞれの良さがありますので、全てお泊りしてみたいですね。

どこのホテルにどのような特徴があるのかみてみましょう。


「ディズニーホテル」

東京ディズニーリゾートには3つのディズニーホテルがあります。なかなか宿泊予約がとれないのが残念ですが、せっかくなら泊まってみたいと思いますよね。

「ディズニーアンバサダーホテル」

ディズニーキャラクターに会えるホテルとして1番最初にオープンしたのがこのホテルです。

ディズニーアンバサダーホテルではディズニーキャラクターをテーマにした3種類の客室が用意されています。ディズニーキャラクターのモチーフがいっぱいの客室が楽しめるミッキーマウスルーム、ミニーマウスルーム、ドナルドダックルームがあるのはディズニーアンバサダーホテルだけ。この客室には、ルームアメニティーが入ったオリジナルポーチ(1部屋につき1個)がついています。

ディズニーの仲間たちと出会えるレストラン「シェフミッキー」もこちらにあります。

「東京ディズニーシ― ・ホテルミラコスタ」

唯一パーク内にあるホテルがミラコスタです。宿泊する部屋の位置にもよりますが、ゲストのいなくなったパークをじっくりと眺めることが出来るのはここだけです。夜の闇に包まれたディズニーシ―もまた素敵です。

東京ディズニーシーで遊んだときめきの余韻をそのままに、パークの中に宿泊できるという体験は他では出来ません。ホテルの客室やレストランからは、異国情緒溢れる景色が広がり、日常を忘れ最高に贅沢な気分に浸ることができるでしょう。また、ホテル内には、宿泊者限定の専用のエントランス「ホテル&パーク・ゲートウェイ」にて東京ディズニーシーと直接つながっており、まさにパーク一体型ホテルならではです。

「東京ディズニーランドホテル」

3つのホテルの中で1番新しいのがこちら。東京ディズニーランドホテルは、ディズニーリゾートラインの東京ディズニーランド・ステーションを挟んで、東京ディズニーランドに向かい合う位置に建っています。東京ディズニーランドのエントランスからもっとも近いホテルです。夢と魔法の王国「東京ディズニーランド」で楽しんだ後は、余韻をそのままにホテルでくつろぎのひとときを。そして翌朝は、徒歩1分でパークエントランスという、夢のようなリゾートライフを楽しめます。ホテル宿泊者のみが購入できるラゲッジオーナメントもあります。ホテルキャストのコスチューム姿のミッキーとミニーのデザインです。


「3つのホテルの宿泊者特典」

・ディズニーホテル宿泊ゲストは特典として開園15分前の東京ディズニーランド、東京ディズニーシ―の一部エリアへ入園することが出来ます。
・「ディズニーリゾートライン」のフリー切符がいただけます。
・チェックイン前、チェックアウト後もホテルに荷物を預けることが出来ます。


「東京ディズニーセレブレーションホテル」について

詳細はまだ発表されていないのですが、 東京ディズニーセレブレーションホテルは、客室はもちろんロビーや中庭など、ホテル館内に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを彷彿とさせる装飾を施すという、新たなコンセプトを取り入れるという事です。

施設を宿泊に特化させ、サービスの一部を簡易なスタイルのようです。どんなホテルになるのか楽しみですね。

(参考:東京ディズニーリゾートオフィシャルサイト)


まさしく「夢の国」である「東京ディズニーリゾート」。子供から大人まで夢の時間を過ごすことが出来るところですね。お近くの方もたまには宿泊して夢の続きをホテルで見ても良いのではありませんか。



ディズニーのキャラクターたちと一緒に夢と魔法のクルーズへ!

1_2841_288456
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)