10月31日はお待ちかね、ハロウィンです。

筆者のハロウィンの思い出と言えば、まだハロウィンが日本に入ってきたばかりの頃、筆者の兄が気合の入った仮装をし、幼かった筆者を驚かせて遊んでいたのを思い出します。
とはいえ、そのころはまだまだハロウィンを知っている家庭も少なく、ごく一部の人たちで楽しまれていたイベントでした。

それがここ数年、若者たちの間で急激にハロウィン人気が高まり、日本でも定着しつつあるイベントとなっています。
きっと近い将来、ハロウィンはクリスマスのように日本国民にとってとてもなじみ深いイベントとなることでしょう。

今回は、まだまだハロウィンのことがよくわからないという人のために、簡単にハロウィンのことをご紹介。
家族や友達、恋人と一緒に思いっきり楽しんじゃいましょう。

ハロウィンはそもそもケルト民族のお祭り

ハロウィンとは、そもそもケルト民族のお祭りで、日本のお盆のような意味合いを持ったものでした。
日本のお盆と違うのは、死者の霊が親しい人たちのもとに帰ってくる日であると同時に、悪霊たちが跋扈し、子供をさらったり家畜や作物を荒らしたりと好き放題する日でもあると言われていたようです。
それが、キリスト教と融合し、今では万聖節の前夜祭として、秋の収穫を感謝するとともに悪霊を追い出すという意味合いで行われているのです。

結婚相手を占うおまじない?

ハロウィンは未婚の女性が楽しみにしているイベントがあります。
それは将来の結婚相手を占うおまじないをすること!

時は真夜中、リンゴを食べて後ろを振り返らずに鏡をのぞくと将来のパートナーの面影が写るとかハロウィンの夜、靴をT字型に脱ぎ、歌を口ずさみながら後ろ向きのままベッドに入ると未来の夫と夢の中で会えるなど、とても夢のある占いで、未婚女性はこの日をとても楽しみにしていたんだとか。

アナタもぜひ、挑戦してみてください。未来の夫に会えるかもしれませんよ。

かぼちゃに仮装、その意味は?

ハロウィンってかぼちゃが主役だったり、仮装したり、いろいろ不思議な好意がたくさんありますよね。
でも、その行動にはちゃんと意味があるんです。

例えば仮装。
ハロウィンで仮装するのは【魂をとられない】ため。
親しい人の魂が返ってくるのと同時に悪霊たちもウロウロしていますので、人間だとわかったらいたずらされちゃいます。
ハロウィンの日は仮装して乗り切りましょう!

また、ハロウィンと言えば、仮装して子供たちが「Trick or Treat」とお菓子をねだることが有名ですね。
これは、中世の時代、お祭り用の食料をもらって練り歩いていたころの名残。
子供たちが「Trick or Treat!」とやってきたら、小さなお菓子を分けてあげてくださいね。
子供たちのテンションも上がり、ハロウィンのワクワク感を忘れない大人になってくれることでしょう。

ハロウィンに使われているあの巨大カボチャ。あんまりおいしくないので主に観賞用なのですが、なぜ、そんなものがあるのか不思議に思ったことはありませんか?
あのかぼちゃは、「Jack-O'-Lantern」、つまり、ジャックの灯という意味があります。

その昔、根性の悪いジャックという男がいて、ハロウィンの夜、人間に憑りつこうとした悪魔に出会います。
けれど、ジャックは結構ずるがしこい。
憑りつこうとする悪魔にこう言います。「憑りつかせてやるから酒をよこせ」と。
そして悪魔はバカでした。
酒を買うための金貨に変身したのです。
ジャックは金貨となった悪魔をお財布に入れ、閉じ込め、これから10年はジャックを狙わないという約束をさせて逃がしてあげました。

10年後、再び悪魔が現れ、ジャックに憑りつこうとしましたが、やはりジャックは強い。
またまた機転を利かし、悪魔を負かします。
そして今度は「全体にジャックの魂を取らない」と約束させるのです。

それから数年後、ジャックは死んで地獄に行くことになりました。
そこでまた、あの悪魔と再会し、「地獄に入りたいんだが」というのですが、「お前の魂は取れない、約束したから」と追い返されてしまいます。

生前、良い人間でなかったジャックは天国にも行けず、悪魔に「元いたところに帰れ」と言われ、とぼとぼ帰路に着くのですが、真っ暗で進めません。
悪魔はそれをみて、魂を一つジャックに渡しました。
ジャックは、その魂をカブに入れ提灯とし、あの世とこの世をうろうろしているのです。
いつの頃からか、このジャックの持つ魂がハロウィンの象徴となり、アメリカに伝わった時に、カブがカボチャに変化、今のような形になったそうですよ。(多分、アメリカでかぼちゃがいっぱい取れたから)

関連してハロウィンにリンゴの料理が良く出てきたりリンゴで遊ぶ習慣があったりするのは、この時期取れる果物がリンゴしかなかったからという話があります。
昔の人の生活に密着したお祭りなんですね。

どうですか?由来を知るとますます楽しめそうですよね。
楽しいことは多い方が絶対にいいですので、思いっきり楽しみましょう。

パーティーするなら♪GoodLuck

f5873d1cfa539be5ec1959299500b67b_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)