前に少しお話したことがありますが、ごくまれに、「音楽を聴くと色が見える」という人がいらっしゃいますね。
あなたは何か感じたことがありますか?音だけではなく、例えば文字や数字に対しても「色」を感じられる方がいらっしゃいます。
私の場合、数字と色が直結しているのですが。音に関しては全てではありませんが、モノによってははっきりと、またはぼんやりと感じられたります。これらは「共感覚」と呼ばれる知覚現象だそうで、特に音に対して色を感じる知覚を色聴」と呼ぶそうです。

共感覚を持つ人は、25,000人に一人や、2,000人に一人など、様々な説があります。が、実は誰しもが持っている感覚で、それが意識の領域にのぼる人は少ないといった説や、幼少の頃は誰もが持っている感覚で五感が発達する過程で失われていくといった説もあります。
この不思議な現象は最新の脳科学である程度解明され、芸術家や詩人、小説家には、それ以外の人より共感覚を持つ人が7倍も多いそうです。

共感覚者の大多数が、その感覚を持っていることが人生においてプラスになっていると実感しているとのこと。

共感覚判定テストを受けてみたい方は、こちらのサイトで簡単なテストが受けられます。
http://www.cavelab.cs.tsukuba.ac.jp/~gotoh/syneth/index.html

どうしてそのような感覚があるのか、まだはっきりと究明されてはいないようですが、とても不思議で素敵な感覚ですよね。そして、演奏をしている人なら、自分達の楽曲はどのような色が浮かぶのだろう?と気になりますよね。

「赤」や「オレンジ」や「コバルトブルー」など綺麗な色なら嬉しい感じですが、「ドドメ色」や「漆黒」だと何だかがっかりですよね。今回は、そんな音と色の関係について、考えてみたいと思います。

色と楽曲のキー:調性について関係性を研究された方もおられます。
なんとなく、メジャー調は暖色でマイナー調は寒色かな?と考えてみたり・・。ロシアの作曲家:アレクサンドル・スクリャービンという方による色と調の関係としては、このように感じているようです。

C:赤い、単純な
G:オレンジ色の赤みがかった、火のような
D:黄色い、太陽の
A:緑の、草色の
E:緑がかった青の(空色の)
B:淡青色を伴った青の(空色の)
F#:すみれ色に近い深い青の
D♭:すみれ色の、純粋な
A♭:ライラック色の、赤みがかかった
E♭:青みがかった、鋼鉄色の、金属の
B♭:金属の、灰色の、鉛色の
F:赤い、深紅の

スクリャービンさんも、やはり色聴の持ち主だったのでしょうね。

皆さんはあるある的に合致する色&調はありますでしょうか?色聴を持つ方でも、皆が皆同じ色を感じる訳ではないようなので、人それぞれなのでしょうね。いろんな方に感じ方を聞いてみたいものです。


楽曲における統一イメージとしての色

先日音楽仲間の友人とそんな「色と音」の話をしていたところ、その友人は「音から色が浮かぶと言うか、情景みたいなのが浮かぶ。そして、バンド内で共通した楽曲イメージを持つために、各曲に対して色を設定してメンバー間で共有している」と言っていました。
それはとても共感が持てました。音楽家の皆さんは、作曲をしてメンバーにデモ音源を渡したり譜面を渡したりして、バンドで演奏されていると思います。

曲のイメージという点では、楽曲そのものや歌詞からメンバーそれぞれに解釈してもらうパターン、明確に「これこれこういうイメージ」と言葉で伝えるパターン、絵を描いてみたりと、方法は色々あるかと思いますが、「色で伝える」というのもひとつ面白いやり方ではないでしょうか。
色も、単色でもいいでしょうし、「赤と白の太目のボーダー」とか「パステルブルーに白の水玉模様」のような表現も楽しいですね♪

色 = 目で感じるもの・視覚、音 = 耳で感じるもの・聴覚、ともに人の五感に関するものであり、視覚情報と聴覚情報は色聴を持っていなくても脳内の無意識領域で、何か繋がるところがあるのかも知れません。そう思うと、ライブでの衣装や楽器の色などによっても、楽曲やライブの印象も変わってくるのがわかりますね。

たしかに、アルバムのジャケットワークによってその作品の印象もガラッと変わってきます。色にも気を使って音楽をすることは、表現をより豊かにする手法のひとつかも知れません。





PAK96_iroenpitu1278-thumb-815xauto-16465
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)