「女性芸能人」ランキング、毎年気になりますよね。入れ替わりも激しいですが、長い間人気を保っている方もいらっしゃいます。同性から見ても本当に素敵な方も多いですね。人気の理由はどんなところでしょうか。


2015年 女性タレント 人気ランキング

1. 浅田真央 綾瀬はるか

3.天海祐希

4.DREAMS COME TRUE

5.ベッキー

6.ローラ

7.杏

8.松たか子

9. 仲間由紀恵

10・吉永小百合

11.上戸彩

12.新垣結衣

13.イモトアヤコ

14.菅野美穂

15.篠原涼子

16.小泉今日子

16.いきものがかり

18.北川景子

18.柴崎コウ

20.米倉涼子

21.安室奈美恵

21.柳原加奈子

23.深田恭子

24.堀北真希

25.石原さとみ

25.優香

27.竹内結子

28.吉瀬美智子

28.深津絵里

30.山口智子

31.中島みゆき

31.松嶋奈々子

33.ハリセンボン

34.真矢みき

34.松任谷由美

36.関根麻里

36.中川翔子

38.井上真央

38.樹木希林

40.永作博美

40.友近

42.井川遥

42.北斗晶

44.長澤まさみ

44.野際陽子

46.SHELLY

47.宇多田ヒカル

48.吉高由里子

48.perfume

50.戸田恵子

(ラインキング引用元:ビデオリサーチ タレントイメージ調査結果)

この結果を見てどのように感じましたか。なるほど~と思った人やえ~っと感じた人が入っていましたね。


「人気の理由」

浅田真央さんと同率1位の綾瀬はるかさんの人気の理由をみてみましょう。


「綾瀬はるかさん」の人気の理由

「人気タレントナンバー1」、「好感度ナンバー1」、「結婚したい女性タレントナンバー1」、「部下にしたいタレントナンバー1」、「女性の憧れタレントナンバー1」あらゆるナンバー1に輝いていらっしゃいますね。男女ともに人気のあるタレントさんなのですね。確かに天然なところも憎めない可愛らしい方だと同性の筆者から見ても思いますが、あなたはいかがですか。
綾瀬さんは、1985年生まれで広島市ご出身です。現在30歳ということですね。2000年にかの「ホリプロスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞して芸能界デビューしました。その後 、女優デビューも果たし、NHK大河ドラマの初出演及び初主演。と大活躍中ですね。人気の理由はどんなところでしょう。
天然なところがとても可愛いですね。他にも天然な方はいらっしゃいますが、綾瀬さんの自然なところがとても好感が持てるのだと思います。男性からはもちろんのこと、同性としてもほっておけない感じがしますね。職場に彼女がいたら、失敗しても許してしまうのではないかと思いますね(笑)
ずっと化粧品のCMにもでていらっしゃいますが、美肌も魅力的ですね。

「天海祐希さんの人気の理由」

ちょっと年代が上がって天海祐希さんの人気の理由も気になるところです。堂々の3位に輝いていらっしゃいます。皆さんご存知ですが、宝塚トップスターご出身の女優さんです。天海祐希さんといえば「理想の上司」人気ランキングで6年連続で第1位を獲得していらっしゃることで有名です。理由としては「リーダーシップがありそう」「やる気を引き出してくれそう」などが上げられています。
ドラマのイメージもあるのでしょうが、確かにバリバリと働いていながら、アツい気持ちを持って部下を引っ張って行ってくれそう。それでいながらめちゃくちゃ綺麗でカッコいい。やっぱり「理想の上司」納得ですね。
残念なことに「付き合いたいおとな女子」では圏外になってしまっているようです。確かに男性から見たら完璧すぎて近寄りがたいイメージかもしれないですね。


「人気女子アナランキング」

ちょっと視点を変えてORICON STYLEの「人気女子アナランキング」も見てみましょう。

第1位は日本テレビの「ミトちゃん」こと三卜アナ。ちょっぴり天然でまっすぐなキャラの女子アナですね。グルメレポでは思いっきり食べまくる姿も好感が持たれるところです。世代別アンケートでも全て堂々の首位を獲得。不動の人気ですね。女性人気も高いところが素晴らしい

第2位はフジテレビの「カトパン」こと「加藤綾子」アナです。不動のフジテレビエースとして堂々の入賞。アナウンサーとしても様々なジャンルの番組でご活躍中です。その美貌から男性人気もとても高いですね。首位返り咲きもあるかもしれません。

人気がある「女性芸能人」いかがでしたか。色々な感想もあるかと思いますが、人気があるにはそれなりの理由があるのですね。私たち一般人も参考にさせて頂けることもあるに違いありません。愛されキャラ目指して頑張ってみましょう。




無題


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)